入場無料で1日楽しめる「横浜開港祭」 子供向けイベント充実!

親子で楽しめる入場無料イベント「第38回横浜開港祭 Thanks to the Port 2019」が、2019年6月1日(土)と2日(日)にわたって、神奈川県横浜市の「臨港パーク」周辺で開催されます。毎年約75万人が来場する市民祭りで、体験イベントや海上パフォーマンス、花火ショーなどが楽しめます。

「横浜開港祭」とは?

1981年にスタートした「横浜開港祭」は、6月2日の開港記念日をお祝いする市民祭り。2019年は横浜開港160周年にあたり、「みんなでつくろう みなとのみらい」をテーマに、市民による大合唱「ドリーム・オブ・ハーモニー」や100組の小学生たちが駆け抜ける「チビッ子ミニ駅伝」など、多数のイベントが開催されます。

6/2は横浜開港記念日! 横浜市民が無料&お得に遊べる施設23選

海で楽しめる体験コンテンツが満載!

海上や海辺がメイン会場の「マリンイベント」では、親子で楽しめるアクティビティやプログラムがたくさん! 小学生以上以上の子供を対象とした船外機(エンジン)付きゴムボートの操縦体験などもあり、貴重な時間が過ごせます。

ほかにも、シーカヤック体験や海で働く特殊車両展示&操作体験、水陸両用バス「スカイダック横浜」の乗車会、観光船「ロサ・アルバ」の港内クルーズなど、体験コンテンツが満載です。

また、横浜港で活躍する官公庁艇船舶11艇によるパレードや、海難救助をテーマとした公開訓練、アクロバティックな空中ショー「アクアボード・フライングショー」など、普段なかなか見られないショーも充実しています。大迫力の海上パフォーマンスは必見です!


スタンプラリーやキッズプレイランドも!

臨港パークやその周辺で行われる「ランドイベント」も、子供が楽しめるプログラムが多数用意されています。

さまざまな種目を基礎から体験できる「スポーツ教室」や、ミニ四駆を走らせる「ミニ四駆MMグランプリ」、各会場を親子で周遊しながら楽しめる「横浜開港祭検定スタンプラリー」、横浜市出身の画家・高橋憲助さんによる「ライブペインティング」などが予定されています。

なかでも、太鼓橋エリアに設置される「キッズプレイランド」は親子注目のおすすめスポットです! 小さな子供でも簡単に操縦できる「バンパーボート」、スリリングな「逆バンジー」などが楽しめますよ。

大迫力のよさこいステージや花火ショー!

さらに、「ステージイベント」では、横浜にゆかりのあるアーティストによるライブ演奏やダンス、お笑いなどのパフォーマンスが披露されます。「横浜よさこい祭」を開催しているよさこいチームも登場し、横浜オリジナルのよさこい曲「横浜い〜じゃん」で会場を大いに盛り上げてくれます。

6月2日(日)19時20分からはイベントのフィナーレを飾るミュージック花火ショー「ビームスペクタクル in ハーバー」も開催されるのでお見逃しなく! イベントやプログラムによって開催日時や実施会場、料金が異なるので、おでかけ前に公式サイトをチェックしてみてくださいね。


会場には飲食ブースや授乳室も設置!

メイン会場となる臨港パークは、地下鉄みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩7分。駐車場がないので、公共交通機関でのおでかけがおすすめです。会場には、飲食ブースや授乳室も設置され、子供連れでも安心です。 

ぜひ親子で「第38回横浜開港祭」に足を運んで、横浜開港160年をお祝いしましょう。

■第38回横浜開港祭 Thanks to the Port 2019
開催期間:2019年6月1日(土)、2日(日)
時間:プログラムによって異なります、公式サイトでご確認ください
場所:臨港パーク、みなとみらい21地区、新港地区、ほか周辺
料金:入場無料

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!