お得なクーポン情報の掲載をはじめました

【東海】車不要&手ぶらで楽しめるキャンプ場4選 温泉付きも!

親子でキャンプをしてみたいけど、「車を持っていない」「道具がない」「詳しくない」などの理由で諦めている人も多いはず。実は、車やキャンプ用品がなくても、キャンプを楽しめる施設は多数あります!

そこで今回は、東海エリアにある「車不要&手ぶら」で楽しめるキャンプ場を4カ所紹介します。

「手ぶら可能なキャンプ場」の選び方 2つのポイントとは?こちらもチェック! 東海の「清潔&快適なおすすめキャンプ場」

鈴鹿サーキットファミリーキャンプ(三重県)

遊園地併設の「鈴鹿サーキット」内にあるキャンプ場で、初心者ファミリーでも楽しめます。キャンプに必要な基本用品がそろった「らくらくセット」は、キャンプデビューの人でも安心。BBQ食材や朝食が付いたプランなども選べます。宿泊中は、遊園地のモートピアが入場無料で楽しめるほか、1泊あたり温泉に2回入れる特典付きです。

モートピアでは、2019年3月にオープンした子供から大人まで本気でタイムアタックを楽しめるレーシングバイクのアトラクション「モトファイター」や、夏季限定にオープンする5つのプール「アクア・アドベンチャー」などもあり、親子で遊びもキャンプも楽しめます。

近鉄白子駅からバスが利用でき、キャンプ場までの所要時間は約20分です。

■鈴鹿サーキットファミリーキャンプ
住所:
三重県鈴鹿市稲生町7992
定休日:不定休

伊勢志摩エバーグレイズ(三重県)

プライベートカヌーで漕ぎ出せるグランピングヴィラ、コールマングッズが常備された「コラボレーションサイト」、デザインや設備が異なる13タイプのキャビン、6タイプのテント、さまざまなスタイルでキャンプが楽しめます。

本格的なアメリカンBBQのほか、開催日限定ランチメニューや無料のモーニングなど、フードオプションも充実しているので、手ぶらで楽しめます。シーズンイベントをはじめ、ビンゴパーティーやアドベンチャーラリーなど、親子で楽しめるイベントも随時開催しています。

最寄り駅の近鉄穴川駅からキャンプ場までは徒歩で約10分です。

■伊勢志摩エバーグレイズ
住所:
三重県志摩市磯部町穴川1365-10
定休日:不定休


くるみ温泉&キャンプ(岐阜県)

川のほとりにある自然豊かなキャンプ場で、アマゴ釣りやイワナのつかみ取り、山菜採りなどが楽しめます。キャンプ用品は一通りレンタルできるほか、施設側が設営撤収を行う「キャンプ体験セット」は、初心者ファミリーにおすすめ。

飛騨牛や地元産の豚肉、地元野菜などがセットになったBBQ食材の予約も可能です。さらに本館の温泉は、宿泊中何度でも入浴ができますよ! 

最寄り駅のJR高山本線久々野駅から約40分間バスに乗りますが、下車するとすぐにキャンプ場に到着します。

■くるみ温泉&キャンプ
住所:
岐阜県高山市朝日町胡桃島8
定休日:なし

休暇村 茶臼山高原チャウシカの森キャンプ場(愛知県)

大自然に囲まれた国立公園内のキャンプ場。夜は「シカのナイトウォチング」、朝は「朝のお散歩会」を雨天時を除いて毎日開催しています。

宿泊は、デリバリー食材でベランダバーベキューが楽しめる山小屋風のコテージのほか、常設テントにキャンプグッズ&朝食と夕食付きの「手ぶらキャンプ」プランもあり、初めてのキャンプでも安心ですね。夕食は「バーベキュー食材」と「カレー食材」が選べます。また入浴の際は、宿泊サイトから徒歩約10分のところにある本館内の大浴場、周辺の日帰り入浴施設で入浴できる入浴券が利用できます。

最寄り駅のJR飯田線東栄駅から送迎バスが利用でき、所要時間は約60分です。ただ、「手ぶらキャンプ」プラン利用の場合は、送迎バスの利用ができないため、タクシーの利用がおすすめです。

■休暇村 茶臼山高原チャウシカの森キャンプ場
住所:
愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平
定休日:9月〜6月末

キャンプ道具がなくても手ぶらで行けて、たっぷり遊んだ帰り道も電車やバスなどで寝ながら帰れる点は、初めての親子キャンプにピッタリです。ぜひチャレンジしてみてください。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!