【九州&沖縄】家族で1日遊べる格安遊園地・テーマパーク9選

さまざまなアトラクションがある遊園地やテーマパークは、家族そろって楽しめるおでかけ先の代表格。全国には、格安でお得に遊べるスポットも数多くあります。

今回は、九州&沖縄エリアで1日楽しめる無料・格安の遊園地とテーマパークを紹介します。歴史ある老舗遊園地や、高原リゾート地内の遊園地、亜熱帯の森に作られたレジャー施設もあり、どこに行こうか迷ってしまうかも!?

だざいふ遊園地【福岡県】

1957年に開園した歴史ある遊園地。「太宰府天満宮」に隣接していて、入園料は大人(中学生以上)500円、子ども(3歳〜小学生)400円、2歳以下は無料です。近くには「九州国立博物館」もあります。

園内には、小さな子ども向けのアトラクションが20種類以上あります。特に、ゆっくり回る乗り物「てんとうむし」や、上下にピョンピョン動く「ハッピーカンガルー」、ゴーカートのように車に乗ってコースを走る「F1カー」など、3歳から1人で楽しめるアトラクションが充実していて、子どもの遊園地デビューにおすすめのスポットです。

ボールプールやふわふわ遊具などがそろった「あそばな館」、無料で遊べるおもちゃコーナーなど、室内で楽しめるアトラクションも人気です。

そのほか、60年以上の歴史をもつ「こども汽車」や、少しスリリングな「トレインコースター」「水上コースター」、高さ8mの空中散歩が楽しめる「スカイシップ」などもあります。

園内には無料で登れる「もみじ山」もあり、紅葉のスポットとしても知られているので、ぜひ訪れてみてくださいね。

かしいかえん シルバニアガーデン【福岡県】

さまざまなアトラクションと、子どもに人気のおもちゃ「シルバニアファミリー」をテーマにした施設がそろった遊園地です。世界的ガーデンデザイナーの石原和幸氏がプロデュースしたフラワーガーデンもあり、夏季にオープンするレジャープールも大人気!

入園料は、大人(中学生以上)1,000円、子ども(3歳〜小学生)600円、2歳以下は無料です

園内のアトラクションは、「ジェットコースターペガサス」や観覧車、ゴーカートなどの定番を含め、20種類以上。「ブンブンコースター」や、ゾウの背中に乗って空を飛ぶ「ふわふわぞうさん」、森の中を周遊する「森の鉄道」など、保護者同伴なら0歳から乗れるアトラクションも多く、幅広い年齢の子どもが楽しめます。

日本初となるスロープ式の立体迷路「ターバンメイズ」も人気です。

「シルバニアファミリー」の世界を体感できるエリア「シルバニアガーデン」も外せません。くるみリスファミリーが暮らす仕掛けいっぱいの「あかりの灯る大きなお家」、ドレスに着替えて記念写真が撮れる「森の洋服屋さん」、シフォンイヌのお母さんが先生の手作り教室「森のようちえん」など、見どころ満載です。「森のマーケット」には、ここでしか売っていないオリジナルグッズも!

そのほか、さまざまな遊具で思い切り体を動かせる「コロン☆ブース道場」と「スーパーコロン☆ブース道場」、特撮ヒーローをフィーチャーした九州最大級の屋内アスレチック「スーパーヒーローアスレチックランド NEO」もおすすめです。

諫早ゆうゆうランド 干拓の里【長崎県】

約4万坪の敷地を誇る複合遊園施設です。遊具がある遊び場や、諫早湾の干拓にまつわる資料館、「むつごろう水族館」、バーベキューコーナーなどがそろっています。

入園料は、大人(高校生以上)300円、子ども(小・中学生)200円、幼児(3歳以上の未就学児)100円、2歳以下は無料です

園内には、子どもが楽しめる遊具がたくさんあります。特に人気なのが、ローラーすべり台やスプリング遊具を中心としたコンビネーション遊具「わんぱく城」。変わり種自転車が多数そろう「ちゃりんこ広場」、ボール型やチューブ型の大きなエアー遊具に乗って水上を歩いたり寝転んだりして遊べる「アクアボール・アクアチューブ」、7mの高さから100mの距離を滑走するジップラインなどもおすすめです。

園内の池ではボート遊びができるほか、釣具を借りて釣りを楽しむことも可能。夏季に水遊びができるじゃぶじゃぶ水路も人気です。

ウサギやヒツジ、クジャク、ロバなどが見られる小動物園もあり、ふれあい体験やポニーに乗ることもできます。乗馬にチャレンジしたい人向けの馬事公園も!

そのほか、そば打ちやまんじゅう作りの体験教室(要予約)もあり、盛りだくさんのスポットです。


グリーンランド【熊本県】

「ホテルヴェルデ」「ホテルブランカ」といった宿泊施設やゴルフ場などがそろうリゾート内の遊園地です。81種類ものアトラクションがあり、ジェットコースターだけでも10種類。テレビ番組で紹介されたホラータワー「廃校への招待状」などもあり、子どもから大人まで家族みんなで満喫できます。

入園料は、大人(高校生以上)1,600円、子ども(3歳〜中学生)800円、2歳以下は無料です

「ウルトラツイスター メガトン」や「NIO」(ニオー)といったジェットコースターをはじめ、地上59mの高さで回転するブランコ「スターフライヤー ゴクウ」などスリリングなアトラクションが豊富な一方、0歳から乗れるアトラクションも充実。

高さ105mの「大観覧車 レインボー」、一層式では日本最大級となる直径28mの「メリーゴーランド ランデブー」、SL好きの子どもが喜ぶ「ウェスタン列車」など20種類以上あります。

また、ボールプールやすべり台、お絵かきコーナーなどがそろった「ヒナタキッズ」、動物とふれあえる「ワンちゃんとゆかいな動物広場」、トランポリンなど、雨でもOKの子ども向け施設がそろっているのも魅力です。

別府ラクテンチ【大分県】

1929年に創業した歴史ある老舗の遊園地です。別府湾を見下ろす山の中腹にあり、日本屈指の急勾配で山のふもとと遊園地を結ぶケーブルカーが名物になっています。

入園料は入園ゲートによって異なり、メインゲート側の場合はケーブルカー往復乗車券付きで大人(高校生以上)1,300円、子ども(3歳〜中学生)600円。「乙原ゲート」側から入園する場合は大人1,100円、子ども500円。いずれも2歳以下は無料です

園内には12種類のアトラクションがあり、消防車に乗って火を消していく「がんばれ!しょうぼうしゃ」やメリーゴーランドなど、小さな子どもが楽しめる乗り物がそろっています。子ども向けの屋内遊び場や、フィッシュセラピーが体験できる「わくわくランド」も人気です。

日本唯一の二重式観覧車「フラワーかんらん車」や、ペダルを漕いで空中散歩を楽しむ「サイクルモノレール」、長さ約150mの「大吊り橋」など、絶景が堪能できるアトラクションもあるので、大人も楽しめます。

動物園エリアがあるのも大きな魅力。ペンギンやミーアキャット、カピバラなど、15種類以上の動物や鳥が飼育されていて、間近で見ることができます。モルモットやヒヨコ、ウサギ、ミニブタとふれあえる「ふれあいどうぶつランド」もあり、エサやりも可能。1950年から続く名物「あひるの競走」も開催中です。

そのほか、絶景を見ながら食事ができるバーベキュー場や、無料で入れる温泉「絶景の湯」もあります。

城島高原パーク【大分県】

大分県の観光地・湯布院や別府から車で20分ほどのところにある遊園地。ホテルやゴルフ場も隣接している人気の高原リゾートです。入園料は、大人(中学生以上)1,500円、子ども(3歳〜小学生)600円、2歳以下は無料です

日本初の木製ジェットコースター「ジュピター」や、空を飛ぶような感覚が味わえる「バードマン」、地上30mの高さから水面にすべり落ちて巨大な水しぶきを上げる「ポセイドン30」といった絶叫系のアトラクションが人気ですが、親子向けのアトラクションも豊富。

標高700mから眺めが楽しめる「大観覧車スカパレット」や、全長1kmのコースを備えたゴーカート、3歳から乗れる「ローラースケートコースター」、5階層の立体迷路「三次元迷路マーズ」など、親子で盛り上がれるアトラクションが20種類以上そろっています。

車の運転方法や交通ルールが楽しく学べる「キッズ・ドライビング・スクール」も注目。講習を受けたら、本物の自動車教習所さながらのコースをキッズカーで走り、合格できたら免許証がもらえます。

夏季には水着がなくても遊べる水深20cmのプール「ちゃぷちゃ」、冬季にはアイススケートも人気です。


のじりこぴあ【宮崎県】

野尻湖の湖畔にある入場無料の総合レジャーランドです。子どもが楽しめるさまざまな遊具がそろっているほか、「野尻町歴史民俗資料館」や野尻町の特産品の購入や食事ができる「ふるさと資源活用センター」、バラ狩りが楽しめる「ブルーミングローズ」などもあります。

車に乗ってレースが楽しめる「スキッドレーシング」や、小さな子ども向けの電気自動車、園内を周遊するおもちゃのようなデザインの「子供列車」、すべり台やアスレチックネットが組み合わさったコンビネーション遊具などがそろっていて、子ども大喜び。全9ホールのパターゴルフも人気です。

夏季にはウォータースライダー2基を備えたプールもオープンします。

ビオスの丘【沖縄県】

広大な亜熱帯の森にある施設です。カヌーなどのアクティビティを楽しんだり、自然素材を使った手作り体験ができたりと、沖縄の自然を存分に体感できます。

入園料は、大人(中学生以上)900円、子ども(4歳〜小学生)500円、3歳以下は無料です

森の中には湖があり、ガイドの説明を受けながら約1kmのジャングルクルーズを楽しむ「湖水観賞舟」が人気です。また、カヌーをはじめ、サーフボードに似たボードに立ちパドルで水を漕いで進む「スタンドアップパドルボード」(SUP)といったアクティビティも充実しています。

子どもに大人気なのは、天然木を組んで作ったアスレチックと、園内5カ所にある高さ約5mの特大ブランコ。竹馬など昔の遊びが体験できるコーナーもあります。

敷地内では、島ヤギやミニブタ、ニワトリなどが飼育されているので、エサやりやふれあい体験も可能。水牛車に乗っての散策も楽しめます。

革細工や沖縄の伝統衣装を着て写真撮影もでき、親子で夢中になれるはず!

沖縄こどもの国【沖縄県】

日本最南端の動物園と、工夫を凝らしたミュージアムが人気のスポットです。メリーゴーランドなどがある乗り物コーナー、バードウォッチングや釣り、ボートに乗れる池、沖縄の家屋を保存した「ふるさと園」などもあります。

入場料は、大人500円、中・高校生200円、4歳〜小学生100円、3歳以下は無料です

動物園エリアでは、ライオンやキリン、ゾウ、オオアリクイなど、150種類以上の生き物を飼育。オリイオオコウモリや琉球犬など、沖縄に生息する動物が見られるのも特徴です。モルモットやヒヨコなどとふれあえる広場もあります。

メインゲートを入ってすぐの「ワンダーミュージアム」(入館料は大人200円、4歳〜高校生100円)は、子どもの好奇心を刺激する体験型の展示がいっぱいの施設。映像の中に入って遊ぶような感覚が味わえる「モーションキャッチ」や、自由にコースを作ってボールを転がす「ボールリフター ボールコースター」、光を使ってお絵かきできる「光のキャンパス」など、たくさんの展示が楽しめます。

以上、格安で1日遊べる九州&沖縄のおすすめスポットを紹介しました。気軽に入れる入場無料のスポットもたくさんあるので、ぜひおでかけしてみてください!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。