お得なクーポン情報の掲載をはじめました

「プラレール遊び放題」の日帰りイベント! 人気駅弁&ミニSLも

子どもが「プラレール」で遊びながら、家族で旅する人気企画の募集が始まります!

JR東日本では、秋のお出かけシーズンにピッタリの「お座敷プラレール号で行く秋のぐんまの旅〜碓氷峠鉄道文化むらを楽しもう!〜」を2018年11月10日(土)に実施。発売直後に予約埋まる可能性もある注目イベントです。

今回は、10月3日(水)14:00に川崎駅・武蔵溝ノ口駅・横浜駅・町田駅・大船駅・平塚駅の各駅びゅうプラザ(旅行カウンター)、およびびゅう予約センターで発売されます。募集人員120人なので、早めのチェックをお忘れなく!

プラレールで自由に遊べるお座敷列車!

鉄道玩具・プラレールで自由に遊びながら、電車旅が楽しめると人気の「お座敷プラレール号」。今回は、神奈川県の横浜駅から群馬県の横川駅間を走り、歴史的な鉄道車両が多数展示されている「碓氷峠鉄道文化むら」を楽しむプランです。

乗車するお座敷列車の各車両には、レールや情景部品などのプラレール製品が用意されていて、自分のお気に入りプラレールを持ち込んで自由に遊ぶことができます。さらに、4号車は「イベントカー」としてプラレールジオラマが設置されます。

4号車のプラレールジオラマには、プラレール車両「E233系湘南色」や「E217系横須賀線」などが置いてあります。お出かけの際は荷物が多くなりがちですが、おもちゃ持参でなくても楽しめるので、パパママも安心ですね(編成数には限りがあります。順番に遊んでください)。

歴史的車両&ミニSLも楽しめる鉄道スポット!

横川駅到着後は、帰りの出発時間まで「碓氷峠鉄道文化むら」でたっぷりと鉄道の世界を満喫できます。園内には、碓氷峠などで活躍した電気機関車や蒸気機関車、ディーゼル機関車といった歴史的車両が多数展示されているほか、ミニSL(有料)や鉄道資料館などもあり、親子でゆっくり楽しめそうです。

ご当地グルメの釜めし付き!

さらに同プランには、今年で60周年を迎える「峠の釜めし」もセットになっています! テレビや雑誌などでもたびたび登場するご当地グルメです。横川駅前にある「おぎのや」本店で受け取るので、電車旅気分もグッと高まりますね。

子ども連れの電車旅デビューにもピッタリの「お座敷プラレール号」で、ぜひ楽しい秋の旅行を満喫してみてください!

(C)TOMY「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

■お座敷プラレール号で行く秋のぐんまの旅 〜碓氷峠鉄道文化むらを楽しもう!〜
開催日:2018年11月10日(土)
時間:【往路】横浜駅8:12頃発、横川駅11:27頃着/【復路】横川駅14:48頃発、横浜駅18:12頃着
料金:大人9,800円、子ども(3歳〜小学生)7,300円
※往復の乗車券、グリーン車指定席券、昼食(おぎのや「峠の釜めし」)代、碓氷峠鉄道文化むら入園券含む
発売日:2018年10月3日(水)14:00〜
※申し込みは大人1人を含む2人以上
※大人1人につき3歳未満の子ども1人まで同伴無料(座席および昼食はなし)
募集人員:120人(最小催行人員2人)
発売場所:横浜駅など6駅のびゅうプラザ、びゅう予約センター

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。