お得なクーポン情報の掲載をはじめました

子ども大喜びの変わり種観光列車11選! 人気キャラの特別電車も

日本全国には、さまざまなコンセプトで内外装にこだわった電車やSLが運行されています。そのなかでも今回は、人気キャラクターをモチーフにした列車やプレイルームなどの遊べる設備を備えた、子どもが喜ぶ列車を紹介します。

子どもと見たい珍しい電車13選もチェック!子どもが喜ぶ電車・鉄道スポットはこちら!

THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤルエクスプレス)【伊豆急行】

「THE ROYAL EXPRESS」(ザ ロイヤルエクスプレス)は、神奈川県「横浜駅」と静岡県「下田駅」を結ぶ観光列車で、乗るにはツアーへの申込みが必要です。

ツアーは、伊豆での宿泊と観光がセットになった中学生以上で参加できる「クルーズプラン」と、中学生未満もOKな片道の「食事付き乗車プラン」が用意されています。

「食事付き乗車プラン」で選べる「ゴールドクラス」の1号車には、木のボールプールや絵本図書館、家族で一緒に座れるファミリーシートを設置。ファミリーシートに座る子どもには特別なお子様ランチが提供されます。

■THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤルエクスプレス)
運行区間/JR「横浜駅」〜伊豆急「下田駅」
運行日/不定期

スーパービュー踊り子号【JR東日本】

「東京駅」または「新宿駅」「池袋駅」から伊豆急の「下田駅」までをつなぐ特急列車です。大きな窓を備えたハイデッカー(高床)車両で、伊豆半島の美しい景色を楽しむことができます。

10号車には、カラフルなソファとクッションを備えた「こども室」があり、無料で子どもを遊ばせることができます。また、授乳やオムツ替えに使えるベビールームも設置。小さな子ども連れも安心しで鉄道旅が満喫できます。

■スーパービュー踊り子号
運行区間/JR東日本「東京駅」「新宿駅」「池袋駅」「大宮駅※繁忙期のみ」〜伊豆急「下田駅」
運行日/毎日


POKEMON with YOU トレイン(ポケモンウィズユートレイン)【JR東日本】

東日本大震災への支援を目的に運行を開始した「POKEMON with YOU トレイン」。土日祝日を中心に、宮城県の「一ノ関駅」〜「気仙沼駅」間を1日1往復運行しています。2017年7月にリニューアルされ、外装・内装ともにピカチュウをイメージした黄色と茶色を基調としたデザインに生まれ変わりました。

列車は2両編成で、1号車は座席、2号車は自由に遊べるプレイルームになっています。プレイルームには大きな寝そべりピカチュウのほか、ピカチュウをモチーフにした運転台や機関室が設置されていて、運転士気分も味わえます。

乗車すると、4つの駅に置かれたスタンプを押して楽しめる「おもいでノート」のほか、「缶バッジ」や「記念乗車証」がもらえます。

■POKEMON with YOU トレイン(ポケモンウィズユートレイン)
運行区間/JR東日本「一ノ関駅」〜「気仙沼駅」
運行日/土・日・祝日など

SLばんえつ物語【JR東日本】

「SLばんえつ物語」は、JR東日本の磐越西線「新津駅」〜「会津若松駅」を走る臨時列車です。使用している蒸気機関車はC57 180号機。牽引される客車7両も展望室などを備えています。

2018年は3月31日(土)から運行が開始され、土日をメインに1日1往復運転されています。

1号車は、自然の中をイメージした「オコジョルーム」(写真)があり、すべり台やボールプールなど、子どもが遊べるエリアになっています。また、大きな窓で外の景色が楽しめる「オコジョ展望室」も設置。ジャンケン大会など親子で楽しめる催しも開催されます。

■SLばんえつ物語
運行区間/JR東日本「新津駅」〜「会津若松駅」
運行日/土・日など

たま電車【和歌山電鐵】

猫の「たま駅長」が大きな話題となった和歌山電鐵・貴志川線は、個性的なコンセプトでリニューアルされた電車が走る路線としても知られています。そのうちの1つが、たま駅長をモチーフにした「たま電車」です。

車内も、たま駅長のイラストや三毛猫柄のイス、木で作られたたま駅長の部屋など、かわいい仕掛けがいっぱい。自由に絵本が読める本棚、赤ちゃん連れのパパママにうれしいベビーサークルもあります。

■たま電車
運行区間/和歌山電鐵「和歌山駅」〜「貴志駅」
運行日/毎日(不定期の運休日あり)

おもちゃ電車【和歌山電鐵】

和歌山電鐵貴志川線では「たま電車」のようなリニューアル車両が4種類運行されていますが、「おもちゃ電車」もその1つです。

車内にはガチャガチャマシーンを設置されていて、カプセルトイを購入することができます。

車内はまるでオシャレな子ども部屋のような雰囲気で、ベビーベッドも設置されています。また、おもちゃやフィギュアが飾られた展示スペースもあり。

■おもちゃ電車
運行区間/和歌山電鐵「和歌山駅」〜「貴志駅」
運行日/毎日(不定期の運休日あり)


トーマスランド号【富士急行】

富士急行の「大月駅」〜「河口湖駅」を走るのが「トーマスランド号」。「きかんしゃトーマス」のテーマパーク「トーマスランド」がある「富士急ハイランド」の最寄り駅「富士急ハイランド駅」に停車するので、遊びにいくならぜひとも乗りたい列車です。

2018年3月からは「トーマスランド20周年記念号」も運行開始。通常の「トーマスランド号」とあわせて2台が運行しています。

「トーマスランド号」は車内もトーマスたち人気キャラクターがいっぱい。運転手気分が味わえるキッズ運転席やトーマスとパーシーのチェア(写真)などもあり、子どもが大喜びすること間違いなしです。

■トーマスランド号
運行区間/富士急行「大月駅」〜「河口湖駅」
運行日/毎日

きかんしゃトーマス号【大井川鐵道】

静岡県を走る大井川鐵道では、期間限定で本物そっくりの「きかんしゃトーマス号」と「きかんしゃジェームス号」が運行しています。2018年は6月9日(土)〜10月14日(日)の期間、「新金谷駅」〜「千頭駅」間を運行。車内ではトーマスやジェームスによる車内放送も楽しめます。

また、運行日には千頭駅で「トーマスフェア」を開催。トーマス号やジェームス号が転車台で方向転換する様子を見学できます。さらに、パーシー、ヒロ、ラスティにいたずら貨車やいじわる貨車たちも展示され、今年はトップハム・ハット卿が乗るレール点検者・ウィンストンもお目見えします。

■きかんしゃトーマス号
運行区間/大井川鐵道「新金谷駅」〜「千頭駅」
運行日/2018年は6月9日(土)〜10月14日(日)の月・金・土・日を中心に不定期。

アンパンマン列車【JR四国】

JR四国では四国4県と岡山県を走る「アンパンマン列車」を運行しています。列車は「予讃線 8000系 アンパンマン列車」「予讃線 宇和海 アンパンマン列車(ロールパンナごう/おむすびまんごう/カレーパンマンごうの3種)」「土讃線 アンパンマン列車(グリーン/オレンジの2種)」「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」「ゆうゆうアンパンマンカー」の8種類あり、車両や運行区間が異なります。

どの車両も、内外装にアンパンマンなどおなじみのキャラクターがいっぱい! 「ゆうゆうアンパンマンカー」にはプレイルーム(写真)も備わっています。

■アンパンマン列車
運行区間/JR四国
・予讃線 8000系 アンパンマン列車:「岡山駅・高松駅」〜「松山駅」
・予讃線 宇和海 アンパンマン列車:「松山駅」〜「宇和島駅」
・土讃線 アンパンマン列車:「岡山駅」〜「中村駅」
・瀬戸大橋アンパンマントロッコ:「岡山駅」〜「岡山駅・琴平駅」
・ゆうゆうアンパンマンカー:「高松駅」〜「徳島駅」、「徳島駅」〜「阿波池田駅」
運行日/
・予讃線 8000系 アンパンマン列車:毎日
・予讃線 宇和海 アンパンマン列車:毎日
・土讃線 アンパンマン列車:毎日
・瀬戸大橋アンパンマントロッコ:土・日・祝日・夏休みなど
・ゆうゆうアンパンマンカー:土・日・祝日・夏休み・冬休みなど

特急 あそぼーい!【JR九州】

「特急あそぼーい」は、熊本県の「別府駅」と「阿蘇駅」を結ぶ特急列車です。キャラクター犬「くろちゃん」が散りばめられた車両は、オシャレでかわいいデザインが施されていて、パノラマシートを備えた1号車と4号車からは阿蘇の雄大な景色が楽しめます。

車内には、木のボールプールや親子シート、絵本が読める図書室、寝転べる和室などを備え、移動中もの車内で親子が楽しく過ごせます。売店もあり、お弁当やお菓子も購入可能です。

■特急あそぼーい!
運行区間/JR九州「別府駅」〜「阿蘇駅」
運行日/金・土・日・祝日を中心に不定期

がんばれクマモト!マンガよせがきトレイン【南阿蘇鉄道】

「高森駅」〜「立野駅」間をつなぐ南阿蘇鉄道の高森線。現在は熊本地震の影響で「高森駅」から途中の「中松駅」まで運行しています。

この路線を走るのが「がんばれクマモト!マンガよせがきトレイン」です。熊本復興を応援するため、小学館各誌で活躍する漫画家・原作者100人以上による応援イラストがラッピングされています。

運行期間は2018年11月30日(金)まで。平日は1日1往復、土・休日は2往復運行されています。

■がんばれクマモト!マンガよせがきトレイン
運行区間/南阿蘇鉄道「高森駅」〜「中松駅」
運行日/毎日(※2018年11月30日(金)までの期間限定)

今回紹介した列車は地方を走るものも多いので、GWや夏休みなどに親子で乗りに出かけてはいかがでしょうか?

電車・SL特集でおすすめお出かけ先を探す!
GWのお出かけ先を探すならこちら!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。