お得なクーポン情報の掲載をはじめました

涼しい&楽しい&密かなブーム? 話題の「金魚イベント」を厳選

お祭りなどでもよく見かける夏に人気の「金魚」。涼しさを感じるイメージもあって、金魚をモチーフにしたイベントが全国で開催されています。そこで今回は、親子で楽しめる金魚イベントと日本最大級の金魚水族館を紹介します! 優雅に泳ぐ多種多様な金魚に癒されてみてはいかがでしょうか。

ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム(東京都)

「日本橋三井ホール」では、2018年9月24日(月・祝)まで、「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム」を開催中です。納涼気分を味わえる、日本橋エリア恒例の夏イベントです。

今年は、天井の水槽で泳ぐ金魚を見上げて鑑賞する作品や、日本文化の屏風をモチーフにした大型作品など新作も多数登場しています。

日本の美を象徴する金魚や錦鯉など約8,000匹の観賞魚が優雅に舞い泳ぐ水槽は、幻想的かつ感動ものです。写真撮影も可能(フラッシュ使用不可)なので、美しい作品と子どもの姿を思い出に残せますよ。

同イベントを含め、「金魚大提灯参道」が登場するなど日本橋エリア全体が金魚の街に変身しています。ぜひ足を運んでみてくださいね。

より詳しい内容と魅力が分かる写真はこちら!

■ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム
開催期間:
2018年7月6日(金)〜9 月24日(月・祝)
時間:月〜金曜は11:00〜22:30(最終入場は22:00)、土曜・祝前日は11:00〜23:30(最終入場は23:00)
※アートアクアリウムは11:00〜19:00、ナイトアクアリウムは19:00〜上記各曜日に準ずる
休館日:会期中無休
場所:日本橋三井ホール
料金:一般(中学生以上)1,000円、子ども(4歳〜小学生)600円
入館条件:小学生以下は保護者の同伴必須

アートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜(愛知県)

松坂屋名古屋店南館7階にある「松坂屋美術館」でも、2018年9月16日(日)まで、「アートアクアリム展〜名古屋・金魚の雅〜」が開催されています。名古屋での開催は4年ぶりです。

江戸時代に金魚を鑑賞し、涼をとっていた江戸時代の文化を現代風に蘇らせ、金魚を使ったさまざまな展示が楽しめます。メイン展示の「大奥」は、文字通り江戸時代の大奥をイメージした幅約3mの大作です。色鮮やかで迫力満点の作品に親子で感動できます。

金魚と3Dプロジェクションマッピングで着物の柄を表現した作品「キモノリウム」など、伝統工芸と現代のテクノロジーを融合させた作品もあり、伝統工芸を楽しく学べそうです。

■アートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜
開催期間:
2018年7月21日(土)〜9月16日(日)
時間:10:00〜19:30(最終入場は19:00まで)
休館日:会期中無休
場所:松坂屋美術館
料金:大人(中学生以上)1,000円、子ども(小学生以下)800円、3歳以下無料
入館条件:小学生以下は保護者の同伴必須

東京金魚ワンダーランド2018(東京都)

東京スカイツリータウン内にある「すみだ水族館」では、2018年9月30日(日)まで、「東京金魚ワンダーランド2018」を開催中です。江戸をテーマにした金魚展示エリア「江戸リウム」では、約20品種、約1,000匹の金魚が展示され、頭上には100個の金魚ちょうちんが飾られています。

「江戸リウム」と同じ5階にある「ペンギンカフェ」では、イベント限定のメニューが登場。金魚の赤をイメージしたラズベリー味のソフトクリーム「金魚ソフトクリーム」や、金魚鉢をイメージしたグラスにフルーツカクテルやベリーを入れた「金魚ソーダ」など、親子で楽しめるキュートなメニューがそろっています。

■東京金魚ワンダーランド2018
開催期間:
2018年6月30日(土)〜9月30日(日)
時間:9:00〜21:00(最終受付は20:00)
※8月12日(日)〜15日(水)は8:30〜21:00(最終受付は20:00)
休館日:なし
場所:すみだ水族館
料金:無料
※別途、入館料として大人2,050円、高校生1,500円、小中学生1,000円、3歳以上600円が必要です


WOW!金魚あそび(京都府)

京都水族館では、2018年9月2日(日)まで、子どもが親しみやすい3つの新感覚展示で楽しめる「WOW!金魚あそび」を開催中です。なかでも「ちゃぷちゃぷ金魚」は、デジタル空間で描かれた金魚に触れることができ、さらに人の動きに合わせて金魚や水の波紋が変化するアトラクションです。驚きの体験に子どもも大興奮間違いなしです!

ほかにも、金魚の形をした台紙に赤・白・黒などの色紙を貼り合わせ、自分だけの金魚を作る「夢金魚」などの無料体験プログラムも毎日開催されています。自由な発想で簡単に作ることができるので、小さな子どもの夏休みの自由研究にもぴったりですね。各日300人限定なので、お見逃しなく!

■WOW!金魚あそび
開催期間:
2018年7月7日(土)〜9月2日(日)
時間:10:00〜18:00
※イベントによって開催日時が異なります
※夜間特別延長日もあります、詳細は公式サイトをご確認ください
休館日:なし
場所:京都水族館
料金:無料
※別途、入館料として大人2,050円、高校・大学生1,550円、小中学生1,000円、3歳以上600円※「京都水族館」入館料のみで入場可

アクアリウム IN 京セラドーム大阪 スカイホール(大阪府)

京セラドーム大阪のスカイホールでは、2018年7月28日(土)〜8月26日(日)の期間に、「アクアリウム IN 京セラドーム大阪 スカイホール」が開催されます。さまざまな形をした水槽と光でディスプレイされた幻想的な空間で、涼しげに泳ぐ金魚を鑑賞できます。

ほかにも、自分の書いた魚が巨大スクリーンで泳ぎだす『おえかきパラダイス』で遊べたり、子どもに人気のカブトムシやクワガタ、メダカの展示もありますよ。一度にいろいろ楽しめるお得なイベントです!

■アクアリウム IN 京セラドーム大阪 スカイホール
開催期間:2018年7月28日(土)〜8月26日(日)
時間:11:00〜19:00(最終入場は18:30)
休館日:なし
場所:京セラドーム大阪 9階 スカイホール
料金:大人600円、中学生以下400円
※3歳以下は大人1人につき1人まで無料
※「お絵かきアクアリウム」は用紙1枚につき100円

【番外編】水中楽園AQUARIUM (静岡県)

最後に、日本最大級の金魚水族館を紹介します。時之栖美術館内にある「水中楽園AQUARIUM」では、全国から集められた200種4,500匹の金魚が鑑賞できます! さらに、輪島塗の器を利用した和の水槽やリトアニアの街並みをジオラマで再現し、その中に水槽を飾った「GOLD FISH TOWN」など、ここでしか見ることができない展示方法で鑑賞できます。

ほかにも、お祭り気分を味わえる金魚すくい(300円)や、陶器の金魚に色を付けて、自分だけの陶器を作る金魚の色つけ体験(500円)など体験型ワークショップも豊富で、親子でゆっくり楽しめます。

■水中楽園AQUARIUM
開館時間:
4月〜10月は9:00〜18:00(最終入館は17:30まで)、11月〜3月は9:00〜17:00(最終入館は16:30まで)
場所:時之栖美術館内
料金:大人(中学生以上)1,000円、小学生以下300円(体験料は別途必要)

暑い夏は涼しい気持ちになれる金魚イベントで、子どもと一緒に楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!