お得なクーポン情報の掲載をはじめました

週末は入場無料の「横浜開港祭」 プレイランド・水遊び・花火も

横浜の開港記念日を祝う市民祭「第37回 横浜開港祭 2018」が、2018年6月1日(金)、2日(土)の2日間に、神奈川県の臨港パーク・みなとみらい21地区、新港地区を中心に開催されます。海でのアクティビティやプレイランドなど、子ども向けのコンテンツが盛りだくさんのイベントです。

横浜開港記念日に市民が無料&お得に遊べる施設24選

「横浜開港祭」とは?

毎年約75万人が来場する「横浜開港祭」は、横浜の開港記念日である6月2日を祝う市民イベントです。海で楽しむ「マリンイベント」、陸で楽しむ「ランドイベント」、音楽ライブなどが楽しめる「ステージイベント」の3つのカテゴリーで構成される同イベントでは、2日間にわたってさまざまなコンテンツが展開されます

海のアクティビティを体験してみよう!

「マリンイベント」では、エンジン付きゴムボートを操縦することができる「スーパーキッズ体験操船会」をはじめ、親子で2人乗りができる「シーカヤック体験」、ボードとパドルを使って水上散歩ができる「SUP体験」といった海のアクティビティを楽しむことができます

どのアクティビティも300円程度の参加費で体験できるのがうれしいポイント。更衣室なども用意されているので、ぜひ気楽に挑戦してみましょう!

「水上さんぽ」が楽しめるSUP体験は2人乗りが可能なので、親子で一緒に楽しむこともできますよ。チケットは当日先着順で購入できます。参加したい場合は、ぜひ早めにおでかけしてくださいね

そのほかにも、迫力ある入水シーンを体験できる「水陸両用バス乗船会」やプロライダーによるアクアボード・フライングショー、官公庁艇船舶による海上パレードなど、このイベントでしか体験できないコンテンツが盛りだくさんです。

海の生き物と触れ合えるタッチプールや、海で動く特殊車両の展示、海上自衛隊護衛艦「いずも」の船内一般公開など、無料で楽しめるコンテンツも充実しているので、ぜひチェックしてください。


陸では逆バンジーやスタンプラリーも!

また、「ランドイベント」では、カラダを動かすことができるコンテンツが多数実施されます。子どもが遊べる「横浜開港祭キッズ★プレイランド」には、大きなプールの中をゆっくりと動く電動のボート「バンパーボート」や、最大で7mも飛ぶことができる逆バンジージャンプ「JUNPZONE」などのアトラクションが用意されています

フットサルやサッカー、ラグビー、パラスポーツのプロを招いた各種スポーツ教室も開催されるほか、抽選で横浜港ランチクルーズが当たる「横浜開港祭検定スタンプラリー」に参加することも!

そのほか、小学生たちによる「第5回チビッ子ミニ駅伝2018」や、その場で参加できる「ミニ四駆MMグランプリ」も開催されます。交通ルールやマナーについて学べる「ヤマト運輸子供安全教育」や、エコについて学べる「エコキッズパーク」など、楽しみながら学べるコンテンツもありますよ

2日目には大合唱や花火ショーを開催!

音楽ライブやダンスパフォーマンスが行われる「ステージイベント」では、バラエティに富んださまざまなアーティストが会場を盛り上げます。厳しい予選を勝ち抜いた小中高生のパフォーマンスや官公庁音楽隊のLIVEステージなど、子どもから大人まで楽しめるステージが満載です!

2日の18:35から実施される「ドリーム・オブ・ハーモニー」は、開港祭の目玉ともいえるイベントです。一般公募で集まった横浜市民約800人による大合唱は迫力満点! さらに、同日19:20からは、イベントを締めくくる光・音・花火のショー「ビームスペクタクル in ハーバー」も開催されますよ

子どもから大人まで1日中楽しめるコンテンツが満載でしたね。ぜひ親子でおでかけして、特別な体験をしてください。

■第37回 横浜開港祭 2018
開催期間:2018年6月1日(金)〜2日(土)
場所:臨港パーク・みなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
料金:入場無料

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!