連休のお出かけ先はココ! 関西の人気総合レジャー施設トップ10!

夏休みは親子でゆっくりお出かけできる貴重な時期。いい思い出を作るためにも、たくさん遊べるスポットに行きたいですよね? そこで今回は「いこーよ」に登録された62,000件以上のおでかけスポットから人気の施設をご紹介! 関西エリアの「総合レジャー施設」人気トップ10をお届けします(※集計:2017年7月1日〜7月31日、いこーよ調べ)。夏季限定で楽しめるプールや水遊び施設、イベントが楽しめるスポットも多いので、行き先を決める際の参考にしてくださいね。

■最新ランキングはこちら■関西の「プール」トップ10はこちら

※クーポンの情報は変更されることがあります。最新の情報をご確認ください。

1位 東条湖おもちゃ王国(兵庫県)

おもちゃが遊び放題の屋内施設と遊園地が一緒に楽しめるテーマパークです。おもちゃで遊び放題のパビリオンは「トミカ・プラレールランド」や「リカちゃんハウス」、「木のおもちゃ館」など、子どもが大好きなものばかり全9館! 遊園地も、自分で運転できる「出発進行!!ドリームトレイン」、3歳から乗れるキッズ向けの「わく☆わくコースター」、定番のゴーカートなど約20種類のアトラクションが楽しめます。人気の立体迷路「カラクリ 迷宮のお城」もこの夏大きくなってパワーアップ!

夏季は、5つのプールと3つのアトラクションが楽しめるレジャープール「ウォーターパークアカプルコ」が営業中! 流れるプールや造波プール、ウォータースライダーといった定番のほか、トランポリンのようにはずむドームの上から滑って楽しむ「ハッピーヒル」、仕掛けがいっぱいの「わんぱくプール」など、小さな子どもが楽しめる水深の浅いプールも充実しています。

2位 みさき公園(大阪府)

20種類の以上のアトラクションが楽しめる遊園地や、約70種類の生き物たちが展示された動物園、さらにはイルカショーまで楽しめる総合レジャーランドです。園内には鉄道の博物館「わくわく電車らんど」もあり、実物車両が見られるほか、運転士や車掌体験、運転シミュレーターなども楽しめます。また、夏季は6種類のスライダーが好評のプール「ぷ〜るらんどRio」も営業中!

8月11日(金)、12日、19日、26日、9月2日の各土曜日と、9月17日(日)の全6日限定で、夜の動物園を観覧できる「ナイトズー」を開催! 昼間と違う動物たちの様子が見られるほか、イルミネーションも楽しめます。

3位 ひらかたパーク(大阪府)

100年以上の歴史を持つ関西屈指の人気遊園地です。40種以上のアトラクションがあり、そのうちメリーゴーラウンドやティーカップなど17種類は保護者が同伴すれば0歳から利用OKなので、小さな子ども連れも楽しめます。また、9月3日(日)までの夏季限定で、屋外プール「ザ・ブーン」が営業中。全長210mの巨大流水プール「ドンブラー」など4つのプールと4つのスライダーが好評です。

屋内施設「どうぶつハグハグたうん」では、カピバラやアルパカ、コツメカワウソなど約30種類の動物と触れ合えます。動物にエサをあげたり握手ができるコーナーもあり、土・日・祝日には動物たちのパフォーマンスショーも開催! また、屋外にはレッサーパンダ、コツメカワウソ、リスザル、プレーリードッグ、アカハナグマが見られる「ワンダーガーデン」もあります。


4位 姫路セントラルパーク(兵庫県)

サファリパークと遊園地を併設したテーマパークです。サファリパークは約120種1,000頭の動物を飼育。関西で唯一マイカーで入場可能な「ドライブスルーサファリ」や、緑に囲まれたコースを歩きながら動物たちを間近で観察できる「ウォーキングサファリ」、ゴンドラで動物たちの頭上から様子が見渡せる「スカイサファリ」と、多彩な楽しみ方が可能です。犬や小動物とふれあえる「チャイルズファーム」もあります。今年5月に生まれたばかりのホワイトライオンの双子の赤ちゃんも一般公開が開始され、記念撮影会イベントも開催中!

遊園地には、約35種のアトラクションが並び、そのうち家族・キッズ向けが約20種類も! 遊園地だけでも親子で1日遊べます。また、夏季は7つのプールで構成されたレジャープールも営業中です。頭上の大きなバケツから水がなだれ落ちてくるウォーターアトラクション「パイレーツキッズ アクエリア」は、滑り台などのアスレチック要素もあり、子どもたちに大人気!

5位 東映太秦映画村(京都府)

日本映画や時代劇を題材にしたテーマパーク。江戸時代の町並みを再現した園内で、刀を持ってアスレチックに挑戦する「刀でGO!!」や、プロジェクションマッピングやレーザーを駆使した演出がいっぱいのお城を脱出する「レーザーミッション 脱出の城」など、さまざまなアトラクションが楽しめます。

夏恒例の「ひえひえ王国」も9月3日(日)までの期間限定で開催中! 迷宮のように入り組んだエア遊具の中は、高さ10mの水柱が上がったり、頭上から大量の泡が降り注ぐ泡プールがあったりと、仕掛けが満載です。巨大忍者と水かけ合戦する「水かけまつり」も大盛り上がり!

6位 びわ湖バレイ/びわ湖テラス(滋賀県)

琵琶湖を見下ろす標高1,100mの山頂にあるレジャー施設です。木と木の間に渡したワイヤーを一気に滑走する最長129mの「ジップラインアドベンチャー」(要予約)と、地上約5mの木の上を進んでいく空中アスレチック「スカイウオーカー」(要予約。幼児向けのちびっ子コースは当日申し込み制)は、その標高の高さもあってドキドキのスリルと絶景が同時に楽しめます。

小さな子どもも楽しめる無料の遊び場として、「サマーランド」と「遊びの広場」という2つのエリアを用意。そり遊びができるやゲレンデや絶景ブランコ、キッズ自転車用のダートコースなどがあり、思いっきり体を動かして遊ぶことができます。


7位 オービィ大阪(Orbi Osaka)エキスポシティ(大阪府)

大自然の驚異をとらえた迫力ある美しい映像と最先端技術を駆使した、まったく新しいかたちのミュージアム。ほぼ360度を見渡せるスクリーンのなかで、象の群れと一緒に行動しているような臨場感が味わえる「エレファンツ」や、赤道直下にありながら夜は気温が約マイナス10度まで下がるケニア山の気温の変化を体感できる「マウントケニア」など、13のエキシビジョンを設置。地球と自然の壮大さを実感することができます。

幅40m×高さ8mもある日本最大級のスクリーンを誇る「シアター23.4」。ここでは流れる壮大な映像と風や霧、匂いなどの演出で、本物の大自然の中に入り込んだような臨場感が味わえます。現在は、魔法の森にすむハチドリのヘクターが冒険する「不思議の森のハチドリ」と、世界最初の国立公園イエローストーンにすむ動物たちの生命力を描いた「マジック・オブ・イエローストーン」を上映中です。

8位 西猪名公園(兵庫県)

緑豊かな敷地内に、憩いの場となる広場や、サッカーやソフトボールなどができる球技場、テニスコートなどを備えた公園です。夏季には総面積約10,000平方メートルのウォーターランドが大人気! 滑り台や噴水、トンネルなどが組み合わさったお城を中心に、ウォータースライダー、岩登りや川の激流をイメージしたゾーンなどがあり、水の絵本、びっくりステップ、力くらべ、ポンプの水車といった仕掛け遊具も充実。水深が浅いので、小さな子ども連れの家族も思いっきり水遊びが楽しめます。

JR北伊丹駅からすぐの西猪名公園は、夏になるとウォーターランドが大人気。
水遊びが大好きならぜひ行ってみて欲しいのですが、結構混雑するので平日がオススメです。よもごろうさんの口コミはこちら

9位 ポルトヨーロッパ(和歌山県)

中世地中海の港街をモチーフにした入場無料のテーマパークです。フランス・イタリア・スペインといった美しいヨーロッパの街並みが広がる場内には、急流すべりやミニコースター、観覧車、謎解き迷路にアスレチックなど、20以上のアトラクションがずらり。今年の春には話題のVR(仮想現実)技術を利用したアトラクション「剣撃」がお目見えしました。

夏季は日曜日を中心に花火ショー「スターライトイリュージョン 〜SEASONS〜」を開催中!  最新の打上げ技術を駆使した音と光のスペシャル花火ショーが楽しめます。

10位 ひまわりの丘公園(兵庫県)

菜ばな、ひまわり、コスモスと、季節の花が楽しめる公園。大型のアスレチック「海賊船パニックワールド」があり、元気に体を動かして遊びことができます。夏休み中は噴水・ミスト機能を備えた親水施設が毎日稼働中!

水遊びの話に戻ると、これが面白い!!!親が見てても面白い!親が一緒に遊んでも面白い!いろんな方向から水が出てきて、どこから水が出てくるのか子どもたちは分からないからキャッキャ言って楽しんでました!噴水のように水が出てきたり、ミストがブシューっと出てきたり、一定のリズムで水が出てきたりと楽しい!10分吹き出して、5分休憩のペースで遊べるので、遊ぶ時間も決めやすいです。lihui0213さんの口コミはこちら

以上、関西エリアにある「総合レジャー施設」の人気ランキングをお届けしました。多彩な設備がそろった総合レジャー施設は大人から子どもまで楽しめるのが魅力。ぜひ家族でお出かけして楽しい思い出を作ってくださいね。