国内最大級!モノとお金を大事にする子どもだけのフリマ開催

国内最大の約200ブースの出店を見込む「MOTTAINAIキッズフリマ カーニバル」が2016年3月13日(日)、東京都練馬区のとしまえんで開催されます!

「MOTTAINAIキッズフリーマーケット」って何?

「MOTTAINAIキッズフリーマーケット」は、子どもたちが使わなくなったおもちゃや文房具などを持ち込み、値段付けから販売、お金の管理まで全てを子どもだけで行うキッズ限定のフリーマーケット。

2007年よりMOTTAINAIキャンペーン(※1)活動の一環としてスタートし、これまで累計250回以上開催しています。多くの子どもたちにモノ(資源)を大切にする心と、お金を大切にする心を学んでもらえる機会として、親・子、共に好評なイベントとなっています。

※1:MOTTAINAIキャンペーンとは?
2005年に環境分野で初のノーベル賞を受賞したケニアの故ワンガリ・マータイさんが提唱してスタートされたたMOTTAINAIキャンペーンの一つで、地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指す活動として展開されています。(詳細は記事下部でも説明)

今回の開催規模は、通常の10倍!

通常開催の「MOTTAINAIキッズフリーマーケット」は、約20ブース程度の規模で実施されていますが、今回開催する「MOTTAINAIキッズフリマ カーニバル」は、通常の10倍にあたる約200ブースの出店を予定。より多くの子供たちの教育・未来に貢献することを目指して実施されます!

フリーマーケット以外にもお楽しみイベント満載!

その1:キャラクター大集合@それいゆ広場

協賛社の一つであるほけんの窓口グループの「イイトコドリ」や、としまえんの「エル・ドラド」など、様々なキャラクターがそれいゆ広場に大集合します。

■時間/11:30~、14:00~

その2:昔懐かしの遊び@それいゆ広場

今ではみかけなくなったけん玉、めんこ、竹馬、ヨーヨーなど懐かしい遊びを実際に体験してもらい、親から子どもたちへ「昔の遊び」を受け継ぐきっかけとなるような場が提供されます。

■時間/10:00~16:00

国内最大級「子どもだけのフリーマーケット」に行こう!

今回のイベントの見込み来場者は約5,000人(としまえん全体で2万人)。モノを大事にする心、お金をいただくという行為の大切さに触れるため、親子でぜひおでかけしてみてください。

「MOTTAINAIキッズフリマ カーニバル」の詳細はこちら

MOTTAINAIキャンペーンとは

MOTTAINAIキャンペーンは、Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)とかけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている言葉「もったいない」を、環境を守る国際語「MOTTAINAI」とし、地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指す世界的な活動。ワンガリ・マータイさん(※)が提唱し、2005年からスタートしました。企業からの賛同をはじめ、オリジナル商品、フリーマーケットなどの収益金の一部や、クリック募金で集まった募金を「グリーンベルト運動」へ寄付するなど、様々な形でワンガリ・マータイさんの植林活動を支援しています。

ワンガリ・マータイさんについて

グリーンベルト運動創設者。ケニア共和国元環境・天然資源省副大臣。生物学博士。国連平和大使。旭日大綬章受章者。MOTTAINAIキャンペーン提唱者。1977年貧しい女性たちと「グリーンベルト運動」という植林活動を開始。政府の弾圧を受けながらも、運動にはこれまでに延べ10万人が参加し、植えた苗木は5100万本に上ります。2004年、環境や人権に対する長年の貢献が評価され、環境分野で初めて、アフリカの女性としても初めて、ノーベル平和賞を受賞しました。2011年9月25日、ケニア・ナイロビの病院で死去。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!