8

東京・京都でスタジオジブリ展覧会 トトロのフォトスポットも!

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

スタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫氏にスポットを当てた展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」が、2022年4月23日(土)〜6月19日(日)に京都府京都市にある「京都文化博物館」で、7月1日(金)〜9月7日(水)に東京・天王洲にある「寺田倉庫 B&C HALL/E HALL」で開催されます。

2019年に東京・神田明神で開催され、好評を博した展覧会が3年ぶりに開催! ジブリファン必見の展示はもちろん、鈴木氏の書をはじめとする多彩な活動も紹介しながら、スタジオジブリ作品誕生の秘密に迫ります。今回新たに登場する2つの目玉展示にも注目です。

【2022GWにおすすめ】関西の人気スポットランキング 子供連れに最適

ジブリファン必見の人気展がバージョンアップ!

高畑勲、宮崎駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきた鈴木敏夫氏。両監督が作品に込めた力強いメッセージを読み取り、その本質をより多くの人に伝えるため、映画の題字やキャッチコピーなどの「言葉」にして表現してきたのが、現在、スタジオジブリの代表取締役プロデューサーを務める鈴木敏夫氏です。

2019年に東京で開催された同展では、見ているだけで各作品の名場面が目に浮かぶ鈴木氏直筆の吊り文字展示や、それぞれ高さが約3mにもおよぶ超巨大な湯婆婆(ゆばーば)と銭婆(ぜにーば)の「開運・恋愛おみくじ」など、ファン必見の展示が人気を博しました。今回は、展示品をさらに増やし、内容を大幅にバージョンアップして開催されます。

【新たな目玉1】鈴木敏夫を作った8,800冊の巨大本棚!

新たな目玉展示の1つは、鈴木氏が子供時代から読んできた本8,800冊がならぶ「巨大本棚」! 幼少期に読んでいた漫画や小説、青年期を経て今もなお読み続けている歴史本やノンフィクション、評論本など、鈴木氏の「原点」ともいえる名著の数々が、作品作りへどうつながっていくのかを紐解きながら、スタジオジブリの秘密を探ります。

圧巻の巨大本棚は、「れんが屋」と呼ばれる鈴木氏の隠れ家をもとに構成されていて、まるでれんが屋に迷い込んだかのような空間となっています。戦後の名古屋で育ち、昭和から平成、令和と時代を駆け続けている鈴木氏が「読んできた本」と「その時代背景」にも注目してみてくださいね。

【新たな目玉2】「千と千尋の神隠し」の大型空間!(東京限定)

目玉展示の2つ目は、東京会場限定で登場する、宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」の大型展示。作品に登場する湯屋「油屋」(あぶらや)をモチーフにした空間は、物語に入り込んだ気分になれること間違いなし! オオトリ様たちがゆったりと湯船でくつろいでいる様子が見られるかもしれませんよ。

音声ガイドも楽しめる!

展覧会アンバサダーには、鈴木氏がファンだと公言する滝沢カレンさんが就任。音声ガイドには、鈴木氏が交流を持ち、講談のうまさを絶賛する神田伯山さんが務めます。公式サイトにはお二人からのコメントも掲載されているので覗いてみてくださいね。

京都展のお得な前売り券が発売中!

京都展のチケットは、4月22日(金)まで、200円お得な前売り券が発売中。東京展のチケットは4月中に発売開始予定で、前売・当日とも同料金です。各会場ともここでしか手に入らないオリジナルグッズ付きのチケットも販売されるので、チェックしてみてくださいね。

京都展では、平日限定でトトロのかわいいフォトスポットが出現! 大中小3匹のトトロたちと一緒に記念写真が撮れますよ♪

※混雑状況によっては写真撮影ができない場合があります

(C)TS (C)Studio Ghibli

■「鈴木敏夫とジブリ展」概要
【京都会場】
開催期間:2022年4月23日(土)〜6月19日(日)
場所:京都文化博物館
料金:
[当日券]大人1,600円、中高生1,300円、小学生1,000円 
[前売券]大人1,400円、中高生1,100円、小学生800円 
※未就学児は付き添い1名まで無料
※前売券の販売は4月22日(金)まで

【東京会場】
開催期間:2022年7月1日(金)〜9月7日(水)
場所:東京・天王洲 寺田倉庫 B&C HALL/E HALL
料金:大人1,800円、中高生1,500円、小学生1,100円 
※前売・当日とも同料金
※チケットは日時指定。4月発売予定。

公式サイト 
ゴールデンウィーク(GW)特集2022
楽しみ方いっぱい!公園特集
いこーよおすすめ!ホテル・旅館特集2021
この記事をクリップする
8
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!