夏休みに子どもと乗りたい!プレイルームがある列車4選

夏休みといえば、遠くへお出かけ! 子連れの長距離移動はなかなか大変ですが、中にはファミリー向けとして車内にプレイルームを設けている列車も数多くあります。今回は、親子で移動中からお出かけを楽しめる「プレイルームがある列車」をご紹介します!

【東京都〜静岡県】「スーパービュー踊り子号」

伊豆への旅行がより楽しくより快適になるようにと作られた特急列車「スーパービュー踊り子号」。天井に届くほど大きな車窓から見える伊豆の美しい海や山は、大人も子どもも夢中になっちゃう魅力的な景色です。

「スーパービュー踊り子号」の10号車1階はなんと「こども室」! 赤青黄色などカラフルなクッションに囲まれたこの部屋では、子どもを自由に遊ばせることができるので、パパやママの強い味方です。誰でも無料で利用できます。また、個室になるベビールームも完備されており、授乳やおむつ替えもゆったりと行うことができます。

その他にも、1、2号車のグリーン車には個室サロンもあり、家族連れでものんびりとくつろぐことができるスペースがいっぱい。目的地に着くまで、居眠りなんてできない快適さです!

スーパービュー踊り子号

【運行区間】東京駅〜伊豆急下田駅/池袋・新宿駅〜伊豆急下田駅(期間限定で大宮発着の延長運転あり)
【料金】乗車券+指定席特急券・グリーン券

【周辺おすすめスポット】

〈静岡県〉伊豆シャボテン公園〈静岡県〉熱海サンビーチ〈静岡県〉韮山反射炉(にらやまはんしゃろ)
『スーパービュー踊り子号』の詳細はこちら

【三重県】「観光列車つどい」

三重県伊勢志摩を走る「観光列車つどい」は、まさに遊べる列車! たとえば1号車は、海をイメージした「風のあそびば」。カラフルな椅子のまわりでペンギンやカメなど海の生き物のぬいぐるみと遊んだり、「志摩スペイン村パルケエスパーニャ」のキャラクターたちと記念写真が撮れるフォトスポットもあります。 

2号車には、なんとボールプールやハンモックなどで遊べるスペースが! 懐かしいお菓子も買える駄菓子屋さんもありますよ。そして3号車は、運転席の後ろに「こども運転台」が設置されていて、運転士になった気分が味わえます。

車内の座席とテーブルは窓向きに設置されているので、流れる美しい風景を眺めながらゆっくり過ごせます。車内のあちこちには、伊勢志摩の名物のイラストも隠れているので、ぜひ探してみてくださいね。

観光列車つどい

【運行区間】伊勢市駅〜賢島駅
【運行日】土休日を中心に運行
【料金】普通運賃+観光列車料金(片道大人300円/小児150円)※定員80名・座席指定

【周辺おすすめスポット】

〈三重県〉志摩スペイン村パルケエスパーニャ〈三重県〉志摩マリンランド〈三重県〉賢島エスパーニャクルーズ
『観光列車つどい』の詳細はこちら

【四国】アンパンマン列車「ゆうゆうアンパンマンカー」

みんな大好きアンパンマンがまるごと列車に! 子どもたちも大興奮の夢のような列車が「アンパンマン列車」です。路線ごとにデザインが違い、全部で21車両が四国内の各路線を走っています。

中でも、靴を脱いで遊べるプレイルームがあるのが「ゆうゆうアンパンマンカー」。土休日や夏休みなどを中心に運行しており、壁や床がやわらかいクッション素材でできているプレイルームと、四国の自然ゆたかな森をあらわした緑色の指定席に分かれています。

ほかには、アンパンマンの世界観でデザインされた特別な指定席「アンパンマンシート」がある列車もおすすめ。また、潮風を浴びながら瀬戸内海の景色が楽しめる「アンパンマントロッコ」、アンパンマン仕様の路線バス「ロールパンナ号」なども走っており、いずれも大人気です。

さらに、2016年9月30日までの期間限定で、キュートなアンパンマングッズが当たる「アンパンマン列車スタンプラリー」も開催中。こちらも要チェックですよ!

アンパンマン列車「ゆうゆうアンパンマンカー」

【運行区間】高徳線:高松→徳島、徳島線:徳島〜阿波池田 
【料金】運賃+指定席特急料金(20席限定)
※その他、各路線により異なる

【周辺のおすすめスポット】

<徳島県>あすたむらんど徳島<徳島県>とくしまファミリーランド<徳島県>とくしま動物園
『アンパンマン列車』の詳細はこちら

【九州】「特急あそぼーい!」

「特急あそぼーい!」は、阿蘇の大自然の中を走る特急列車。7月15日現在は熊本地震の影響で豊肥本線での走行は見合わせており、期間限定で博多から門司港間を臨時運行しています。

JR九州キャラクターの「くろちゃん」がいたるところに現れる車内は、思わず笑顔になれる仕掛けがいっぱい。中でもファミリー車両の3号車には、窓側がいつも子ども席になるよう設計された「白いくろちゃんシート」や、絵本を集めた「図書室」など、ファミリー連れに嬉しい設備が満載です。

同じく3号車にある「木のプール」は、木のぬくもりが伝わってくると人気。客室乗務員さんと一緒に遊べるので、いつも子どもたちの賑やかな笑い声が響いています。

車内には、裏がスタンプ台紙になっている記念乗車証が設置されています。楽しい旅の思い出を記録しておきませんか?

特急あそぼーい!

【運行区間】博多駅〜門司港駅
【運行日】2016年7月14〜18、21〜24、28〜31日、8月4〜7、11、12、14、15、18〜21、25〜28日
【料金】博多〜門司港:片道(大人)2,490円(乗車券+指定席特急券)
※パノラマシート及び白いくろちゃんシートに乗車する場合は、上記料金+210円

【周辺おすすめスポット】

〈福岡県〉東平尾公園 博多の森 〈福岡県〉博多の食と文化の博物館ハクハク〈福岡県〉九州鉄道記念館
『特急あそぼーい!』の詳細はこちら

人目を気にしてちょっぴり憂鬱だった列車での移動が、こんなに楽しい車内なら何度でも行きたくなっちゃう! 列車好きな男の子だけでなく、女の子も、パパもママも、家族みんなで楽しめる旅になりますね! なお、いずれの列車も、運行日や運行状況が変更になる場合がありますので、お出かけ前に各サイトをチェックするのをお忘れなく。

※記事内でご紹介した情報は、2016年7月12日現在のものです

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!