12

セイバンが「ランドセルパーク」OPEN! 工場見学&ショップ併設

兵庫県たつの市のランドセルメーカー「セイバン」は、工場併設のミュージアム&直営店「SEIBAN MUSEUM PARK」を2020年8月1日からグランドオープン! ランドセルの歴史や製造工程を楽しく学びながら、子供に最適な商品を購入することができます。

※急遽休業になったり、内容や営業時間などを変更・制限する場合があります。必ず公式サイトを確認してからおでかけしましょう。また利用の際は感染の拡大に注意してください(2020年8月18日現在の情報です)

ランドセルパークで展示&工場見学が楽しめる!

同社は、これまで分散していた本社と工場を集約し、兵庫県たつの市に新社屋を設立。7月21日から新工場「SEIBAN SMILE FACTORY」の稼働を開始しました。

さらに8月1日には、ランドセルミュージアム「SEIBAN MUSEUM」と直営店「FACTORY SHOP」をあわせた「SEIBAN MUSEUM PARK」をグランドオープン! 展示や工場見学、ショッピングを通じて、ランドセルに親しむことができます。

場所はJR姫新線「本竜野駅」より徒歩約15分。入館料は無料で、当面の間は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、公式サイトからの予約制となっています。

「ランドセルコンシェルジュ」が商品選びをサポート

1階「FACTORY SHOP」は、通学路をイメージした内装のランドセルショップ。巨大なランドセルに入って写真を撮ったり、道路や坂道で通学のプレ体験をしながら、楽しくランドセルが選べます。キッズスペースを併設しているのもうれしいポイント!

また、プロのアドバイザー「ランドセルコンシェルジュ」が、一人ひとりに最適な商品選びをサポートしてくれるのも魅力です。


ランドセルの工場見学も!

2階ミュージアムには、ランドセルの進化の歴史や学校生活の変遷、昭和初期以降につくられた骨董ランドセルの展示、ランドセルの機能性を体感できる展示のほか、工場見学のコーナーもあります。

「TIMELINE」

創業から現在までのランドセル作りの歩みを紹介するエリア。スペース中央には、ランドセルのパーツが展示されていて、たくさんのパーツから構成されていることがひと目でわかります。

「CLASSROOM」

ママパパが懐かしくなるような「教室」をイメージした空間で、ランドセルや遊び道具、給食など、学校生活の移り変わりを紹介。後方のロッカーには、昭和初期頃からのランドセルコレクションを展示しています。子供から祖父母まで、世代を問わず家族みんなで楽しめますよ。

「LAB.」

実験室をイメージした「LAB.」は、ランドセルの機能を「体感性・耐久性・快適性・安全性・利便性」に分けて学べるスペース。見たり触れたりしながら、生地の質感の違いや収納力のほか、背中素材の通気性、反射機能といった機能性を知ることができます。

「FACTORY」

生地から立体的なランドセルになるまでの工程が紹介されています。こだわりや豆知識のほか、大きな窓からは新工場「SEIBAN SMILE FACTORY」の様子も見学できますよ!
※休日や工場の状況により見学できない日もあります

6年間使うランドセルについて学び、購入できる希少なスポット。ラン活にも役立ちそうですね!

■「SEIBAN MUSEUMA PARK」
住所:兵庫県たつの市龍野町片山379-1
入館料:無料
開館時間:10:00〜17:00
定休日:水曜日
※当面の間、予約制

この記事をクリップする
12
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!