9

大阪市内初の「バギー体験」OPEN 空中アスレチック&BBQも!

大阪市此花区にあるオートキャンプ場「舞洲(まいしま)バーベキューパーク」に、新アトラクション「舞洲シーサイドバギー」が2020年6月1日(月)にオープンしました。同じ施設内にある「舞洲スカイネットアドベンチャー」とあわせて魅力を紹介します。

※新型コロナウイルスの影響で、急遽営業中止になる可能性があります。必ず公式サイトなどで最新情報を確認してからおでかけしてください。また、利用する際は感染の拡大に注意してください

関西最大級レクリエーション施設誕生 アスレチックも!関西の車不要&手ぶらで楽しめるキャンプ場まとめ

4歳から楽しめる市内初のバギーコース!

大阪港北港に位置する舞洲エリアにある「舞洲バーベキューパーク」は、2万4,000平方メートルの敷地で、日帰りBBQやデイキャンプが楽しめるオートキャンプ場です。

6月1日には、海が見えるオフロードコースを走る「舞洲シーサイドバギー」がオープン。大阪市内でバギーを楽しめるのは本施設が初とのことです。

バギーは、排気量110ccoでギアチェンジも可能な本格派ですが、運転は成人の保護者がいれば10歳以上からOK。それ以下の子供も4歳から保護者の運転に同乗できます。

体験時間60分の予約制。約30分のレッスンがあるので初心者でも安心して楽しめます。全長250m・山あり谷ありのコースをバギーで駆け抜けるスリリングなドライブを親子で味わえますよ。

料金は1人6,500円(6月30日まで5,000円)。同乗(4歳〜9歳)は1人1,000円です。

関西初のネット型空中アスレチックもオープン!

同施設には、関西初のセーフティネット型空中アスレチック「舞洲スカイネットアドベンチャー」も3月20日にオープンしています。

地上6mの高さに張られたネットの上で、飛び跳ねたり寝転んだり、ボールやエアー遊具で遊んだりと、自由に体を動かして遊べます。壁面もネットで作られているので落下する心配がなく、小さな子供も安心です。

料金は1回券(30分)が2,000円、1日券が2,500円です。3歳以上から体験でき、未就学児は保護者の付添が必要です。12月上旬までの期間限定なので、体験はお早めに!

このほか、7月中旬〜8月末には小学生以下が対象の「キッズプール」(1人500円)もオープンします。大阪市内から車で約20分とアクセスもバツグンなので、ぜひ親子でおでかけしてみてくださいね。

■舞洲シーサイドバギー
営業時間/10:30〜16:30(最終受付15:30)
料金/1人6,500 円(※6月30日まで5,000円)、同乗(4歳〜9歳)1人1,000円
乗車時間/60分
対象年齢/4歳以上(運転は10歳以上)
※同乗の運転手は成人
※16歳未満は保護者との体験が必要
※予約制

■舞洲スカイネットアドベンチャー
営業時間/10:00〜16:30(最終受付16:00)
料金/1回券(30分)2,000円、1日券2,500 円
※未就学児は保護者との体験が必要

【特集】おすすめキャンプ場がいっぱい!
【特集】アスレチック場探しはこちら!
この記事をクリップする
9
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。