55

【最新】軽井沢周辺の「人気スポット」ランキングTOP10

夏の避暑地として有名な長野県の軽井沢。都心からのアクセスも良く、スキー場やテーマパーク、ショッピングモールなど、おでかけ施設も充実していて、年間を通して楽しめるエリアです。

そこで今回は、「いこーよ」の81,000件以上の施設の中から、軽井沢周辺エリアの人気スポットTOP10をランキング形式で一挙に紹介します。
(※ランキング集計:2018年12月1日〜2019年11月30日、いこーよ調べ)

※新型コロナウイルスの影響で、急遽閉鎖や休止される可能性があります。必ず公式サイトなどで最新情報を確認してからおでかけしてください。また、利用する際は感染の拡大に注意してください。

1位 軽井沢おもちゃ王国【群馬県吾妻郡嬬恋村】

「軽井沢おもちゃ王国」は、子供の大好きなおもちゃ・アスレチック・アトラクションがそろうテーマパークです。

「リカちゃんハウス」や「シルバニアファミリー館」、「トミカ・プラレールランド」など、おもちゃで遊べるパビリオンが11館もあり、多彩なおもちゃでたっぷり遊べます。

「自然/アスレチックエリア」では、軽井沢の大自然を生かしたツリーハウスや、木の間をすり抜けるジップライン、つり橋やクライミングウォールなど、20種類のアスレチックで、思いっきり体を動かして遊べます。

観覧車やメリーゴーランドなど、小さな子供から乗れるアトラクションがそろっている「アトラクションエリア」もあり、子供の遊園地デビューにもぴったり。週末には自然体験イベントなども開催されていて、家族みんなで1日中遊べるスポットです。

「軽井沢おもちゃ王国」の口コミはこちら>

■軽井沢おもちゃ王国
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
料金:大人1,200円、2歳〜小学生900円
営業時間:【平日】10:00〜17:00(11月は16:30まで)、【土日祝、4月25日〜5月1日】9:30〜17:00(11月は16:30まで)、【GW、夏期、9月連休】9:00〜17:00
定休日:不定休

2位 ホテルグリーンプラザ軽井沢【群馬県吾妻郡嬬恋村】

自然に囲まれた「ホテルグリーンプラザ軽井沢」は、ファミリーが快適に過ごせるリゾートホテルです。

館内には、キッズプレイルームやゲームコーナー、授乳室などを完備。バイキングレストランには、キッズメニューや月齢別の離乳食が用意されています。

「赤ちゃんプラン」「赤ちゃんプランハピネス」なら、専用客室におむつ用ごみ箱や通常の2倍のタオル、ベビー用品がそろっているので、赤ちゃん連れのファミリーも安心です。

「軽井沢おもちゃ王国」が隣接しているので、セットで楽しむのがおすすめ。周辺には森や渓流などの自然が広がり、ママパパも癒しのひとときを過ごせますよ。

「ホテルグリーンプラザ軽井沢」の口コミはこちら>

■ホテルグリーンプラザ軽井沢
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
料金:プランによって異なる
営業時間:チェックイン15:00、チェックアウト10:00
定休日:なし

3位 軽井沢スノーパーク【群馬県吾妻郡長野原町】

「軽井沢スノーパーク」は、「プレジデントリゾート軽井沢」に冬季限定でオープンするスノーリゾート。晴天率90%を誇り、「ちびっこゲレンデ」もあるので、雪遊びやスキー・スノボーデビューにおすすめです。

日本最大級の規模を誇る「ジェットチュービング」はスリル満点で、子供から大人まで楽しめると人気!

小さな子供向けの「ちびっこチュービング」や「スノーストライダー」のほか、雪の上でターザンロープや丸太平均台を楽しめる「ミニ雪上アスレチック」もあり、たっぷり雪遊びができます。

「軽井沢スノーパーク」の口コミはこちら>

4位 あそびパーク 軽井沢プリンスショッピングプラザ店【長野県北佐久郡軽井沢町】

「軽井沢プリンスショッピングプラザ」にある室内遊び場で、1歳〜小学生以下の子供が対象です。

アスレチックやボールプール、トランポリンなどで遊べる立体遊具や、巨大なふわふわスライダーが人気! 広いおままごとコーナーや絵本コーナーもあります。

ビッグスライダーやバッテリーカー、パターゴルフなどもあり、さまざまな遊びが体験できます。

時間内であれば出入りは自由で、食べ物の持ち込みもOK。同じフロアには、景品をとりやすいクレーンゲームや対戦ゲームのあるゲームコーナーもあり、親子で1日楽しめます。

「あそびパーク 軽井沢プリンスショッピングプラザ店」の口コミはこちら>

■あそびパーク 軽井沢プリンスショッピングプラザ店
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢プリンスショッピングプラザ内プリンスボウル1F
料金:【15分】大人200円、1歳〜小学生400円、【30分】大人400円、1歳〜小学生800円、【60分】大人600円、1歳〜小学生1,200円、【180分】大人1,200円、1歳〜小学生1,800円 ※保護者同伴必須
営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定休

5位 パルコールつま恋リゾート【群馬県吾妻郡嬬恋村】

「パルコールつま恋リゾート」は軽井沢最大級のスキー場。全16コースのゲレンデに、全長約3,200mのゴンドラを備えています。

「ファミリーランドパーク」では、チュービングやソリ遊びのほか、雪だるまやかまくら作りなどが楽しめます。スノーエスカレーター付きのキッズゲレンデもありますよ。

「パルコールつま恋リゾートホテル」がゲレンデに直結。スキーや雪遊びで疲れた体にうれしい温泉をはじめ、卓球やゲームコーナー、キッズルームなどが完備されていて、ファミリーに優しいホテルです。

グリーンシーズンには、美しい四阿山麓での散策やトレッキングが楽しめます。

「パルコールつま恋リゾート」の口コミはこちら>

■パルコールつま恋リゾート
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣バラギ高原パルコールつま恋リゾート
料金:【ウィンターシーズン/ゴンドラ・リフト(1日券)】平日:大人4,300円、小学生2,800円、土日祝:大人4,600円、小学生2,900円、【グリーンシーズン/ゴンドラ(往復)】大人2,000円、小学生1,000円
営業時間:【ウィンターシーズン】平日8:30〜16:50、土日祝・年末年始8:00〜17:00、【グリーンシーズン】8:00〜15:30
定休日:不定休

6位 軽井沢ガーデンファームいちご園【長野県北佐久郡軽井沢町】

軽井沢駅から車で15分の場所にある「軽井沢ガーデンファームいちご園」。冬から春にかけて、自然豊かな軽井沢高原で育ったおいしいいちごの食べ放題が楽しめます。

いちごは広々として清潔なビニールハウス内で高設栽培され、摘み取りやすくなっています。

食べられるいちごは、「紅ほっぺ」「かおり野」「真紅の美鈴(黒いちご)」「恋みのり」「やよいひめ」「よつぼし」の6種類。なかでも「紅ほっぺ」は糖度18度にもなる人気の品種です。

「いちごガイドツアー」(事前予約制)も不定期に開催していて、育て方やおいしいいちごの見分け方などの話を聞きながら、試食ができます。

「軽井沢ガーデンファームいちご園」の口コミはこちら>

■軽井沢ガーデンファームいちご園
住所:長野県北佐久郡軽井沢町発地
料金:【スタンダード食べ放題コース(主に紅ほっぺ1種)】中学生以上2,300円、小学生1,200円、4歳以上800円、3歳以下無料
営業時間:10:00〜15:00
定休日:火曜、臨時休園あり ※いちごがなくなり次第終了


7位 湯川ふるさと公園【長野県北佐久郡軽井沢町】

「湯川ふるさと公園」は、芝生広場や大型の遊具、水遊びできる小川もある広大な公園です。

公園内の「センター地区」には、ターザンロープやローラー滑り台、つり橋など、44種類もの遊具がそろっていて、楽しく体を動かして遊べます。

のんびり過ごせる芝生広場や、サッカー・バドミントンなどを楽しめる多目的広場、無料のドッグランも整備されていて、ファミリーやペット連れでいつもにぎわっています。時間帯によっては、走行中の新幹線が見られますよ!

「湯川ふるさと公園」の口コミはこちら>

■湯川ふるさと公園
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2658-10

8位 ネイチャーキッズ 森の家【長野県北佐久郡軽井沢町】

「ネイチャーキッズ 森の家」は、子供が夢中になって過ごせる体験スポットです。

「キッズチャレンジ」では、季節ごとの特徴を生かしたアクティビティが用意されていて、子供だけで野外の冒険を楽しめます。

4歳から家族一緒に本格ウォールクライミングが楽しめる「ファミリークライミング」や、森の小枝や木の実を使ったクラフト体験ができる「親子で森の工作体験」もあります。

ほかにも、夜の森を冒険しながらカブトムシなどの昆虫を観察する「夜の昆虫観察会」や、たき火を囲んで星空を見上げる「スターウォッチング」など、季節限定の特別プログラムも人気です。

「ネイチャーキッズ 森の家」の口コミはこちら>

■ネイチャーキッズ 森の家
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢 軽井沢プリンスホテルイースト内ネイチャーキッズ森の家
料金:【キッズチャレンジ】半日体験5,000円、1日体験11,000円、【ファミリークライミング】親子1組(3人まで)30分3,000円、【親子で森の工作体験】森のカレンダー2,500円、森の木マグネット1,000円、ことりカードホルダー1,800円、森の木工作2,000円、コロコロカー1,600円
営業時間:9:00〜17:00
定休日:不定休

9位 森の小リスキッズステーション in 軽井沢【長野県北佐久郡軽井沢町】

「森の小リスキッズステーション in 軽井沢」は、ミニトレインやマルシェなどを楽しめる軽井沢駅内の施設。

約120mのコースを2周走るミニトレイン「森の小リスでんちゃ」や、車内でシアターやプラレール遊びができる「イエローキッズでんしゃ」など、子供が遊べるスポットがいっぱいです。

ブランコや滑り台などの遊具のほか、小リスのパネルがかわいい「しなの鉄道神社」や、おいしい野菜や特産品を販売する「小リスのマルシェ」などもあります。

「森の小リスキッズステーション in 軽井沢」の口コミはこちら>

■森の小リスキッズステーション in 軽井沢
住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1178
料金:大人190円、小学生100円※駅の入場券として
営業時間:9:45〜16:30
定休日:水曜、年末年始

10位 軽井沢タリアセン【長野県北佐久郡軽井沢町】

「軽井沢タリアセン」は、軽井沢の南にある塩沢湖を中心に、美術館やレジャーが楽しめる総合リゾート施設です。

フランスの画家レイモン・ペイネの原画やリトグラフの展示がある「ペイネ美術館」や、軽井沢ゆかりの文学者たちの歴史が体験できる「軽井沢高原文庫」など、静かな森の中で美術と文学にふれられます。

敷地内では、塩沢湖でのボート遊びのほか、ファミリーゴルフやゴーカート、大きな風船に入って水上を歩く「スプラッシュバルーン」など、家族で遊べるレジャーも充実しています。

シーソーや滑り台などの遊具がそろった「ちびっこ広場」や、バイクやクルマ、動物の形をした「バッテリーカー」もあり、小さな子供からたっぷり遊べますよ!

「軽井沢タリアセン」の口コミはこちら>

■軽井沢タリアセン
住所:長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217
料金:高校生以上800円、小中学生400円
営業時間:【2〜11月】9:00〜17:00、【12〜1月】10:00〜16:00
定休日:不定休

スキー場や大きな公園など、親子で遊べるスポットの多い軽井沢。ぜひ家族みんなでおでかけしてみてくださいね。

この記事をクリップする
55
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!

気になるキーワードをチェック!