54

横浜で人気「イチゴフェス」開催! 無料配布&遊び&食も充実

神奈川県横浜市にある「横浜赤レンガ倉庫」で、旬のいちごが楽しめる入場無料イベント「Yokohama Strawberry Festival 2020(ヨコハマストロベリーフェスティバル2020)」が、2020年2月6日(木)〜16日(日)に開催されます。イチゴの無料配布や、子供向けエリアもある人気イベントです。

「Yokohama Strawberry Festival」とは?

同イベントは、「横浜赤レンガ倉庫」のイベント広場をメインに、敷地内一体でイチゴが楽しめる人気イベントです。横浜市内のイチゴ農家による朝採れイチゴの出張直売や、ブランド品種のイチゴ無料サンプリング、スイーツ販売などもあり、毎年大勢の人で賑わっています。

イチゴの無料サンプリングでは、希少価値の高い奈良県産の高級いちご「古都華」をはじめ、ブランド品種が日替わりで登場予定! 品種や配付日などの詳細は、イベント特設サイトで順次公開されます。

子供向けアトラクションも!

屋外スペースには、イチゴをモチーフにしたアトラクション「いちごふわふわ」と「ジャンプゾーン」の2種類が登場します!

子供に人気のイチゴ型のふわふわ遊具で思いっきり遊べます。

■いちごふわふわ
料金:5分500円
対象:2〜8歳
※2〜3歳利用時は、保護者無料同伴可

スリル満点の体験ができる「ジャンプゾーン」は、子供が大興奮で遊べること間違いなし! 

■ジャンプゾーン
料金:1回1,000円
対象:2歳以上(12kg〜55kg)

スイーツが楽しめる「いちごカフェ」が初登場!

また今年は、ガラス張りの開放的な空間でくつろげる「いちごカフェ」が初登場! 佐賀県産の「いちごさん」や「さがほのか」など、旬のブランド品種を使ったスイーツやドリンクが販売されます。

クロワッサンにイチゴとホイップを挟んだ「ストロベリークロワッサン」や、ふんだんにイチゴを使用した「ストロベリーパフェ」など、見た目もかわいいメニューが盛りだくさんです。

イベント限定メニューがそろう「いちごマーケット」

さらに、会場内の特設テントでは、23店舗が出店する「いちごマーケット」も開催されます!

ここでしか食べることができない限定スイーツのほか、いちごをモチーフにしたアクセサリーなどの雑貨がズラリと並びます。初出店の店舗も登場するので、ぜひチェックしてみてください。

イチゴスイーツを販売する全店舗では、バレンタインシーズンにピッタリな「いちご×チョコ」スイーツを販売! この時期ならではの限定スイーツがを堪能できますよ。


赤レンガ倉庫内の各店舗でコラボイベント開催!

会場のイベント広場以外でも、横浜赤レンガ倉庫館内のカフェやレストランでは、ブランド品種のイチゴを使用した期間限定のコラボメニューや、物販店舗ではイチゴをモチーフにしたグッズ販売があるなど見どころ満載です。

親子で旬のイチゴを堪能できる「Yokohama Strawberry Festival 2020」。ぜひ足を運んでみてください。

■Yokohama Strawberry Festival 2020
開催期間:2020年2月6日(木)〜16日(日)
※雨天決行、荒天時は休業の場合あり
時間:月〜金曜は11:00〜18:00、土・日曜、祝日は10:00〜18:00
※「いちごカフェ」は20:00まで営業
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
料金:入場無料
※飲食や物販、アトラクション代は別途有料

この記事をクリップする
54
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!

気になるキーワードをチェック!