都内の大規模新エリア「有明ガーデン」誕生へ 注目施設を全紹介

東京都江東区の「有明駅」前に、大型商業施設を中心とした新街区「有明ガーデン」が、2020年4月より順次オープンします! 200店舗超が集結する大型商業施設のほか、「ライオンキング」を上演する有明四季劇場、温浴施設付きホテル、緑豊かな公園など、多彩な施設が集まる注目エリアです。

都内最大の「有明ガーデン」とは?

「有明ガーデン」は、東京湾岸有明複合開発プロジェクトとして開発される新しい中核街区で、開発面積は都内最大とな約10.7ヘクタールを誇ります。「カラフル(多彩)×ワンダフル(ライブ感)×ハートフル(寛ぎ・癒し)」をテーマに、大型商業施設や劇場型ホール、有明四季劇場、温浴施設付きホテル、タワーマンション、緑豊かな公園がそろう大規模な新エリアになる予定です。

アクセスは、ゆりかもめ「有明駅」から徒歩2分、りんかい線「国際展示場駅」から徒歩4分と好立地です。

子供向けの室内遊び場も! 200店舗超が大集合 

街区の核施設になるスポットは、東京湾岸エリア最大の200店舗超がそろう大型商業施設「住友不動産 ショッピングシティ 有明ガーデン」。アパレルや雑貨、食品、アウトドア・スポーツ用品など、さまざまなジャンルのショップが集結する模様です。

また、子供向けの専門店が出店する4階には、都内最大級となる約180平方メートルの子供向け遊び場スペースも誕生! さらに、最上階の5階には、光や音、水、映像の演出が楽しめる噴水付き屋外テラスを囲ったダイニングフロアがあり、レストランや大型フードコートが登場予定です。

ほかにも、街区内には、総面積約23,000平方メートルを超えるイベントスペースが全11カ所作られます。各スペースで、音楽イベントやフリーマーケット、ワークショップ、地域のお祭りなど、さまざまなイベントが開催されます。


国内最大級の劇場型ホールも誕生!

国内最大の劇場型ホール「住友不動産 東京ガーデンシアター」は、音楽ライブから国際会議まで、さまざまなイベントに対応可能な施設です。収容人数は約8,000人で、どの席からもステージが見やすい構造になっています。ステージから最も離れた席でも約54mの距離で、臨場感と迫力のあるライブが楽しめますね!

2021年には「有明四季劇場」がオープン!

そして、2021年4月には、「有明四季劇場」がオープン! 約1,200席の客席を有する劇場では、大人気の「ライオンキング」のロングラン上演が継承されます。上演21周年、総上演回数12,000回超、観客動員数1,200万人超を記録している人気ミュージカルが楽しめる新スポットです。


露天風呂がある温浴施設や緑豊かな公園も!

全749室のハイグレードホテル「住友不動産 ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明」には、露天風呂付き温浴施設「泉天空の湯 有明ガーデン」を併設(宿泊者以外も利用可能)。露天風呂をはじめ、日替わり湯や炭酸泉、寝転び湯などの内湯、5種の岩盤浴を楽しめる「都市型温浴施設」です。

ほかにも、エリア内には、四季折々の植物や樹木が楽しめる約38,000平方メートルの「緑化エリア」も誕生。約6,800平方メートルの緑豊かな公園には広大な芝生広場があり、ピクニックや外遊びが楽しめる親子におすすめのスポットです。

総戸数1,500戸超で、敷地内に認定こども園が開設されるトリプルタワーマンションなども立ち並び、ファミリー世帯向けの施設が整っている「有明ガーデン」。今からオープンが待ち遠しいですね!

■有明ガーデン
オープン:
2020年4月より順次オープン
場所:東京都江東区有明2-1
建物:商業棟、商業棟別棟、ホテル棟、ホール棟、住宅棟

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!