関西の進化形アスレチック8選 大人も子供も遊べるおすすめ厳選

見上げるほど高い場所に上ったり、バンジージャンプのように飛び降りたりと、これまでとは違うダイナミックな遊びや体験ができる「進化形アスレチック」。スリリングなアクティビティもありますが、基本的には安全装置を付けるので、安心して楽しめます。

今回は、関西エリアでおすすめの進化形アスレチックをまとめて紹介します。大自然を満喫しながら遊べるスポットから、テーマパークの世界観が楽しめるアトラクションまで、特徴はさまざま。大人も子供も夢中になれる施設ばかりです!

堺・緑のミュージアム ハーベストの丘 空中アスレチック「ORA!WOO!TAN!」(大阪府)

動物ふれあいや芝すべり、ゴーカートなどが楽しめる体験型農業公園「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘」には、空中アスレチック「ORA!WOO!TAN!」(オラ!ウー!タン!)があります。

アスレチックの「ロー・ハイグラウンド」や、全長33mのジップライン、地上6mの高さから飛び降りる「クイックジャンプ」に挑戦できます

「ロー・ハイグラウンド」には、高さ約1,4mのローグラウンド2コースと、約8mのハイグラウンド1コースの合計3コースがあります。いずれもバランス感覚を要求される難所が次々と現れるので、自分のペースでチャレンジしましょう。

対象は、体重110kg以下の4歳以上。身長130cm以下の場合、「ロー・ハイグラウンド」は保護者の同伴が必要です。

料金は大人も子供も同一で、フルセット4,000円(ハイグラウンド1周、ローグラウンド1周、ジップライン1回、クイックジャンプ1回)です。個別で遊ぶ場合は、ハイグラウンド1周2,000円、ローグラウンド1周1,500円、ジップライン1回500円、クイックジャンプ1回500円となります。

「ORA!WOO!TAN!」詳しくはこちら

■堺・緑のミュージアム ハーベストの丘
住所:大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405-1
営業時間:季節により変動するので公式サイトを確認ください
※「ORA!WOO!TAN!」の受付時間は平日10:00〜12:00、13:00〜16:30。土・日曜、祝日9:30〜17:00
定休日:1月1日および12〜2月の水曜

峰山高原リゾート ホワイトピーク「tic!tac!クライムMINEYAMA」(兵庫県)

「峰山高原リゾート ホワイトピーク」は、初級〜上級者向けのコースはもちろん、キッズパークも有するスキー場。標高1,015mから360度パノラマ景色を見渡せる大迫力の巨大クライミングアトラクション「tic!tac!クライムMINEYAMA」もあり、瀬戸内海などの大自然が一望できるとあって人気です

高さ10m、横幅20mの「tic!tac!クライムMINEYAMA」には、難易度別に3種類のコースが用意されていて、アスレチックポイントは全60種類。大人も子供も大満足できます。

2019年シーズンは、11月4日(月・祝)まで。期間中の土・日曜、祝日のみの営業です。予約はできませんが、公式サイトにある参加同意書を記入しておくと、当日の手続きがスムーズに進みます。

対象は、身長100cm以上、体重130kg以下。小学3年生以下は保護者の付き添いが必要です。リフト往復を含む料金は、中学生以上2,600円、小学生以下2,100円。ジップラインは1回300円です。

「tic!tac!クライムMINEYAMA」詳しくはこちら

■峰山高原リゾート ホワイトピーク
住所:兵庫県神崎郡神河町上小田881-146
利用可能時間:8:30〜21:00(休日8:00〜21:00、キッズパークは異なります)
※「tic!tac!クライムMINEYAMA」の受付時間は9:00〜15:20、利用可能時間は10:00〜17:00ですが、時期により変更する場合があります
定休日:シーズン外
※「tic!tac!クライムMINEYAMA」の2019年シーズンは9月7日(土)〜11月4日(月・祝)まで(土・日曜、祝日のみ)


ニジゲンノモリ クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク「アッパレ!戦国大冒険!」(兵庫県)

「ニジゲンノモリ」は、アニメ×テクノロジー×自然がテーマの新感覚テーマパーク。人気アニメ「クレヨンしんちゃん」を題材にしたエリア「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」には、巨大アスレチック「アッパレ!戦国大冒険!」があり、子供に人気です

「アッパレ!戦国大冒険!」は、映画クレヨンしんちゃん「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」をモチーフにしたアスレチック。難易度の異なる「童コース」「アッパレ!コース」「足軽コース」「侍大将コース」の全4種類があり、いずれもクレヨンしんちゃんのイタズラと称したからくりやアクティビティが満載です。

「童コース」は、保護者同伴の小学生以下が対象。地上高1mで、ゆっくり進めるので、初めて進化系アスレチックに挑戦する子供におすすめです。

「童コース」以外の3コースは、身長120cm以上が対象。最も難易度の高い「侍大将コース」は地上高8mで、内容も複雑です。唯一、ボルダリングなどが楽しめる「アッパレ!コース」も見逃せません。

「ニジゲンノモリへ」への入園は無料。「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」のチケット料金は、平日が大人4,480円、中・高校生2,880円、5歳以上1,440円。土・日曜、祝日は、大人5,600円、中・高校生3,600円、5歳以上1,800円です。「アッパレ!戦国大冒険!」以外のアドベンチャーパーク内のアトラクションも楽しめますよ。

「アッパレ!戦国大冒険!」詳しくはこちら

■ニジゲンノモリ
住所:兵庫県淡路市楠本2425-2
営業時間:10:00〜22:00
※季節やアトラクションごとに異なります。「アッパレ!戦国大冒険!」は、「童コース」が10:00~17:00、その他のコースは10:00~21:00(最終受付19:45)ですが、冬季は一部運営休止となります
定休日:無休(冬季運営休止あり)

天空×大冒険 ソラカケル(兵庫県)

「天空×大冒険 ソラカケル」は、柱の間に架かった地上7m、全長200mのアスレチック・アドベンチャー。ドロップ形を描くコース上には、全18種類のポイントが配置されています。

ポイントは変更になる場合もありますが、揺れるネットの上を進む「トリプルハンモック」や、不安定なワイヤーの上を歩く「パニックウォーク」など、大人も子供も夢中になれる内容ばかり。親子で声をかけあって乗り越えましょう。

コースの終盤には、大自然を眺めながら爽快に駆け抜けるジップラインもあります。2時間遊び放題なので、自分のペースで何度もチャレンジできるのもうれしいポイントです。

対象は、体重110kgまでの4歳以上。身長140cm以下の子供は、保護者の同伴が必要です。料金は、中学生以上3,500円、小学生以下3,000円で、前日の営業時間内までに予約するとスムーズです。

■天空×大冒険 ソラカケル
住所:兵庫県神戸市北区山田町小部字妙賀山11-1
営業時間:9:00〜17:30(受付時間9:00〜15:30、冬季受付時間10:00〜14:30)
定休日:不定休

東映太秦映画村「天空クライミング 忍登(しのぼり)-SHINOBORI-」(京都府)

「東映太秦映画村」は、忍者体験や変身体験など豊富なアトラクションが楽しめるテーマパーク。2019年には、忍者になった気分でクライミング体験ができる新感覚アトラクション「天空クライミング 忍登(しのぼり)-SHINOBORI-」がオープンしました。

エリア内には、高さ7m級のユニークなタワーが6つ。積み重なる球に手や足をかけながら登っていく「ギョクリュウ」をはじめ、ねじれた壁を登る「ラセン」、秒数をカウントしながら登る「ハヤテ」、透明ボードを2人で向かい合って登り、早さを競い合う「ソウリュウ」など、バラエティ豊かです。

スタートする位置によって難易度が異なったり、頂上まで登ると太鼓を鳴らせたりと、楽しい仕掛けも満載!

対象は、身長100cm以上かつ体重100kg未満の3歳以上。未就学児は16歳以上の同伴が必要です。「東映太秦映画村」への入村料は、大人2,400円、中・高校生1,400円、3歳以上1,200円で、「天空クライミング 忍登(しのぼり)-SHINOBORI-」は中学生以上1,000円、3歳以上800円です。

「天空クライミング 忍登(しのぼり)-SHINOBORI-」詳しくはこちら

■東映太秦映画村
住所:京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
営業時間:3〜11月は9:00〜17:00、12〜2月は9:30〜17:00(12月1日のみ9:00〜17:00、入村は営業終了の1時間前まで。GWと夏休みは時間延長あり)
※「天空クライミング 忍登(しのぼり)-SHINOBORI-」は20分入れ替え制で、定員になり次第受付終了
定休日:2020年は1月14日(火)〜24日(金)


ひこねスカイアドベンチャー 空中アスレチック「アドベンチャーG」(滋賀県)

「ひこねスカイアドベンチャー」は、空中アスレチック「アドベンチャーG」と、空中ブランコ「ハイG」、空中スライダー「スカイG」が楽しめる施設。「アドベンチャーG」エリアと「ハイG」エリアをつなぐ形で「スカイG」が配されています。

高さ最大8mの「アドベンチャーG」は、地上からスタートし、全18アイテムに挑戦できるアスレチック。途中には、大きな丸太やクライミングパネルなどスリル満点のポイントが待っています。最後はジップラインで爽快に降りられますよ。

高さ7mのスタートボードから、バーを握って飛ぶ「ハイG」が楽しめるのも魅力。なかなかできない空中ブランコ体験が可能です。空中スライダーの「スカイG」は約200mあり、鳥になった気分で彦根の景色が満喫できます。

安全装備が正しく装着できれば制限はありませんが、年齢は4歳以上、身長は100cm以上が参加の目安。小学校低学年までは大人の同伴が必要です。料金は、「アドベンチャーG」と「スカイG」を利用できるコースが大人4,600円、子供3,600円。「ハイG」は大人も子供も2時間6,000円です。「スカイG」のみの利用は1回1,000円で、すべて予約が必要です。

■ひこねスカイアドベンチャー
住所:滋賀県彦根市古沢町278-9
営業時間:「アドベンチャーG」と「スカイG」は10:00〜18:00(受付は17:00まで、季節により異なる)、「ハイG」は土・日曜、祝日の9:00〜11:00、15:00〜17:00
定休日:不定休

びわこスカイアドベンチャー(滋賀県)

「びわこスカイアドベンチャー」は、8mと4mのコースがあるアスレチック施設。8mコースでは、ジグザグブリッジや並行ライン、クライミングパネルなど全15種類。4mコースでは、シーソーなど8種類のポイントにチャレンジできます

ほかにも、琵琶湖を眺めながら滑走する「ZIPライン」や、9mの高さからダイブする「飛祭」といったダイナミックなアトラクションもあります。琵琶湖の自然を肌で感じながら、思い切り体を動かして遊べます。

「ひこねスカイアドベンチャー」と同じく、安全装備が正しく装着できれば利用制限はありませんが、目安は身長100cm以上の4歳以上。小学校低学年までの子供は、大人と一緒の参加になります。

料金は、8mコース2,500円、4mコース1,800円、「ZIPライン」と「飛祭」は1,000円。すべて楽しめるフルコースは4,000円です。予約してから足を運んでくださいね。

■びわこスカイアドベンチャー
住所:滋賀県守山市今浜町2620-5
営業時間:10:00〜18:00(夏季は10:00〜21:00)
定休日:不定休

滋賀農業公園ブルーメの丘「アルプスジム」(滋賀県)

「滋賀農業公園ブルーメの丘」は、酪農がテーマの体験型農業公園。動物ふれあいやおもしろ自転車など、さまざま楽しめます。

2019年には、高さ17mのドイツ製巨大アスレチック「アルプスジム」も登場。本格的なボルダリングや、自転車で一本橋を渡るアトラクションなど、72の難関が用意されていて、自由に選択して進むことができます

プランは、身長125cm以上かつ体重120kg以下を対象とする「アルプスコース」と、身長100cm以上140cm未満かつ体重40kg未満の3歳以上を対象とする「キッズコース」の2つ。「キッズコース」は難しい操作を必要としないので、小さな子供におすすめです。

「滋賀農業公園ブルーメの丘」の料金は、中学生以上1,000円、4歳以上600円。「アルプスコース」の料金は、中学生以上3,000円、小学生2,000円で、身長140cm未満または小学生は保護者の同伴が必要です。「キッズコース」の料金は1回600円で、未就学児は保護者の同伴が必要となります。

「アルプスジム」詳しくはこちら

■滋賀農業公園ブルーメの丘
住所:滋賀県蒲生郡日野町西大路843
営業時間:3月1日〜11月30日は平日10:00〜17:00、土・日曜、祝日9:30〜18:00(11月は17:00まで)。12月1日〜2月28日は10:00〜17:00
※11〜2月の入園券の販売は16:00まで。「アルプスジム」はスタート枠が埋まり次第受付終了
定休日:3月1日〜11月30日は水曜(祝日の場合、GW、春・夏休みは営業)。12月1日〜2月28日は水・木曜(冬休みは営業)、降雪などにより臨時休園する場合があります

非日常的な空間で思い切り体を動かせる進化形アスレチック。動きやすい服装で訪れて、親子で挑戦してみてください。

【特集】全国のアスレチックを探そう
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!