関東近郊で10月に楽しめる花火大会&花火イベント10選!

夏のイメージが強い「花火」ですが、じつは秋にも花火が楽しめるイベントがたくさん開催されています。夏よりも混在しにくい秋の花火は、ファミリーにピッタリ! そこで今回は10月に関東近郊で開催される花火イベントを紹介します。

【東京】お台場海上芸術花火祭2017

10月に盛り上がる「ハロウィン」と花火を同時に楽しめるイベントが、10月21日(土)にお台場海浜公園で開催されます。お台場では初となるワイド200m級の大きさを誇る「空中ナイアガラ花火」や、特注閃光花火を使用した「ミュージック花火」など、約1万発以上の花火がお台場の夜空を彩ります。

また、会場ではハロウィンパレードやパフォーマンスショーが楽しめるほか、秋の味覚を満喫できるフードエリアも充実。花火の打ち上げ開始前からハロウィン気分を満喫できるイベントが盛りだくさんです。

■お台場海上芸術花火祭 2017〜秋のハロウィンビーチフェスティバル〜
開催日時:2017年10月21日(土) 18:30〜
※15:00開場
※雨天決行(荒天の場合は中止の可能性あり)
場所:お台場海浜公園
打上数:約10,000発
料金:<シーサイドエリア>大人(中学生以上)前売り5,800円(当日6,500円)、子ども(小学生以下)前売り2,800円(当日3,500円)
<レインボービューエリア >大人前売り7,800円(当日8,500円)、子ども前売り3,800円(当日4,500円)

【東京】北区花火会

今年で6回目の開催となる「北区花火会」は、東京都北区の秋の風物詩。「住民の絆を深めよう」というテーマのもと行われている地域密着型の花火大会ですが、尺玉やスターマインなど全4幕で構成され、打ち上げ花火の総数は7,777発と大規模。今年は10月14日(土)に開催されます

最新のデジタル技術を駆使した演出で打ち上げられる花火と音楽との競演をテーマにした「音楽花火」は、一見の価値あり! 屋台ブースで販売されている北区名物のおでんを食べながら、花火鑑賞をするのもステキですね。

■北区花火会
開催日時:2017年10月14日(土) 16:30〜20:30
※花火打ち上げは18:30〜
※小雨決行(荒天の場合は中止の可能性あり)
場所:荒川河川敷・岩淵水門周辺(赤水門エリア・青水門エリア)
打上数:7,777発
料金:<青水門エリア>パーソナルA:3,500円(1枚単位/階段席)、カップルA:8,500円(パイプ椅子×2/1枚ひざ掛プレゼント)、グループシートA4:10,500円(4枚1組/シート1.8m×1.8m)、グループシートA8:21,000円(8枚1組/シート1.8m×3.6m)
<赤水門エリア>パーソナルB:3,000円(1枚単位/パイプ椅子)、カップルB:7,000円(パイプ椅子×2)、グループシートB4:8,000円(4枚1組/シート1.8m×1.8m)、ファンゾーン:1,000円/シート(0.9m×0.9m)

【東京】映画のまち調布「秋」花火2017

東京都調布市で30年以上の歴史を誇るの秋の花火大会が、10月28日(土)に開催されます。今年も音楽とのコラボ花火「ハナビリュージョン」や、最大8号玉の大玉を使用した「大スターマイン」など、調布の二大名物花火を中心に約9,000発の花火が打ち上げられます。多摩川の雄大な自然をバックに、夜空を彩る華麗な景色を楽しみましょう。

■映画のまち調布“秋”花火2017
開催日時:2017年10月28日(土) 17:00〜
※打ち上げ開始は17:30〜
※荒天中止
打上数:約9,000発
場所:調布市多摩川周辺
料金:テーブル席(4人用)18,000〜22,000円、升席(10人用)40,000円〜45,000円、シート(4人用)10,000円、イス(1人用)2,500〜4,000円、シート(1人用、電通大グラウンド会場)2,000円
※会場により価格が異なります、詳細は公式サイトで確認してください


【神奈川】花火シンフォニア -meets Sky Light Magic- 〜Halloween!〜

神奈川県横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」で開催される名物花火ショーが、ハロウィンバージョンとなって登場! ジャック・オー・ランタンやゴーストらが登場するプロジェクション映像や音楽、そしてライティングとコラボさせた花火演出で、ハロウィンらしい幻想的な世界観が楽しめます。

花火は園内のどこからでも観覧できますが、じっくり楽しみたい人には観覧席から見られる特別プランがオススメ。クルージングをしながら花火を見られるプランや、シーパラダイスタワーから花火を見られるプランなど、さまざまなプランが用意されています。10月に花火シンフォニアが楽しめるのは、7日(土)、8日(日)、29日(日)の計3日間です

■花火シンフォニア -meets Sky Light Magic- 〜Halloween!〜
開催日時:2017年10月7日(土)、8日(日)、29日(日) 20:30〜
場所:横浜・八景島シーパラダイス ボードウォーク
料金:入島、観覧は無料
※<ボードウォーク特別観覧席+ワンデーパスセット券>大人・高校生 前売り5,900円(当日6,200円)、小中学生・シニア 前売り4,700円(当日5,000円)、幼児(4歳以上)前売り3,300円(当日3,600円)
<ボードウォーク特別観覧席のみ> 4歳以上共通前売り1,500円(当日1,800円)

【神奈川】ふじさわ江の島花火大会

湘南エリアの秋の風物詩「ふじさわ江の島花火大会」が、神奈川県藤沢市の「片瀬海岸西浜」で10月21日(土)に開催されます。江の島をバックに打ち上がるスターマインや色とりどりの芸術玉など、約3,000発の花火が楽しめます。

なかでも注目は、開花時の直径が約480mにもなるという特大の2尺玉。湘南の海岸で2尺玉を見られるのは同大会だけ! 江の島エリア一帯で見られるので、会場近くの公園などでゆっくりと腰を掛けて観覧するのもオススメです。

■ふじさわ江の島花火大会
開催日時:2017年10月21日(土) 18:00〜
※雨天・荒天の場合は10月22日(日)に順延
打上数:3,000発(2尺玉を含む)
場所:片瀬海岸西浜
料金:パイプイス席2,500円

【神奈川】湯河原温泉海上花火大会

湯河原海水浴場の海上に約6,000発の花火が打ち上がる「湯河原温泉海上花火大会」が、10月29日(日)に神奈川県足柄下郡で開催されます。海水浴場沖合の2隻の台船から打ち上げられる水中スターマインなど、迫力ある花火の数々が海面を鮮やかに彩ります。

今年は花火大会とともに、「ゆがわらHalloween2017」を同時開催。仮装コンテストやイリュージョンショー、お笑いライブなどさまざまなイベントが実施されるので、日中はイベントに参加して夜に花火を鑑賞するなど、1日中楽しめます

■湯河原温泉海上花火大会
開催日時:2017年10月29日(日)  20:00〜
※予備日:11月1日(水)
打上数:約6,000発
場所:湯河原海水浴場沖合
料金:無料


【千葉】NARITA花火大会in印旛沼 12nd

千葉県成田市で開催される「NARITA花火大会」が、10月14日(土)に開催されます。地元ボランティアによって運営されている花火大会ながら壮大なスケールを満喫できる同大会は、2010年に世界で初めて「観客参加型花火大会」としてグッドデザイン賞を受賞したことでも有名です。

12回目となる今年は、音楽と花火をシンクロさせて行われる「花火ファンタジア4部構成」をはじめ、観客参加型の「花火タワー」など、ほかでは味わえない演出を施された花火が約1万発打ち上げられます。なかでも注目は、10分間の攻勢で行われる「NARITA黄金伝説」。ラスト1分間で1,500発もの花火が打ちあがるプログラムは感動必至!

■NARITA花火大会in印旛沼 12nd
開催期間:2017年10月14日(土) 19:00〜
※荒天の場合中止
場所:成田ニュータウンスポーツ広場
料金:会場、席タイプにより多数種類あり(詳しくは公式サイトで確認してください)
※売り切れ次第終了(残っていれば当日券あり)

【埼玉】燃えよ!商工会青年部!!第16回こうのす花火大会

埼玉県鴻巣市で開催される「こうのす花火大会」は、企画から運営まですべてを地元青年団で行う100%手作りの花火大会。今年は10月7日(土)に開催されます。地域密着型の花火大会にしては珍しく、打ち上げ数も15,000発と大台越え。

川幅が広い荒川河川敷を生かした世界一の大玉「4尺玉」は必見! また、尺玉を含めた花火が300連発で打ち上がるスターマインも見逃せません。

■燃えよ!商工会青年部!!第16回こうのす花火大会
開催日時:2017年10月7日(土) 18:00〜
※荒天順延10月8日(日)
打上数:15,000発超
場所:荒川河川敷
料金:入場無料
升席(ブルーシート)15,000円 ※4人まで入場可
ペア席(イス席)9,000円 ※2名まで
シングル席(イス席)5,000円

【茨城】第86回土浦全国花火競技大会

全国屈指の規模を誇る「土浦全国花火競技大会」が、10月7日(土)に茨城県土浦市の桜川畔で開催されます。秋田の全国花火競技大会、新潟の長岡まつり大花火大会に並んで「日本三大花火大会」の一つと称さる同大会では、全国の煙火業者が技を競い合います。

速射連発の「スターマイン」、発色が美しい「10号玉」、新しい花火の技術が見られる「創造花火」の3部門構成で、約2万発の打ち上げ花火を楽しめます。全国から集まった花火職人たちによる技を堪能しつつ、その年のトレンド花火が見られるのがうれしいポイント

■第86回土浦全国花火競技大会
開催期間:2017年10月7日(土) 18:00〜
※荒天の場合 8(日)、9(月・祝)、14日(土)、15(日)のいずれかに延期
打上数:20,000発
場所:茨城県土浦市・桜川畔(学園大橋付近)
料金:桟敷席 マス席22,000円 ※最大6人/半マス席11,000円 ※最大3人

【群馬】クローネンベルク花火大会

群馬県前橋市にあるドイツの街並みを再現したテーマパーク「赤城クローネンベルク」では、10月28日(土)に「赤城クローネンベルク花火大会」が開催されます。閉園時間が延長された園内では、暗闇の牧場に音楽に合わせて約2,000発の花火が打ちあがります。

花火大会当日は17時から入園無料になりますが、同時に園内では「森のハロウィンパーティー」というイベントを開催中。全身仮装で来場すると、終日入園料が無料になります。一家揃ってハロウィン×花火で1日中楽しんでみるのもいいですね。

■クローネンベルク花火大会
開催日時:2017年10月28日(土) 20:00〜
場所:赤城クローネンベルク じゃぶじゃぶ池付近
料金:無料

さいごに、11月に開催のイベントも1つ紹介します!

【神奈川】第6回寒川みんなの花火

神奈川県高座郡で2012年より始まった寒川町の名物イベント「寒川みんなの花火」が、11月4日(土)に今年も開催されます。町民の募金によって行われ、600発の花火が約20分間打ち上げられます。観覧場所が打ち上げ場所から約100mと近く、秋の夜空を美しく彩る花火を間近で見られるのが魅力です。

さらに、花火大会当日は寒川駅前公園で「寒川花火祭り」も同時に開催されます。焼きそばや焼きトウモロコシを食べながら花火を見るという縁日気分を秋に堪能できるのはうれしいですね。

■第6回寒川みんなの花火
開催日時:2017年11月4日(土) 18:00〜
※予備日11月5日(日)
場所:神奈川県高座郡寒川町・東中学校東側田畑
料金:無料

打上げ花火を楽しむ今年最後のチャンス! ぜひ家族そろって、おでかけしてみましょう。