巨大イースターの花畑&プロジェクションマッピングが登場!

2016年4月2日(土)から 4月24日(日)までの計23日間、約80品種の草花が咲き誇る『FLOWER GARDEN 2016』が横浜赤レンガ倉庫で開催されます!

2016年のテーマは「イースター」

横浜赤レンガ倉庫が4月にリニューアルオープンしたことから2016年は“復活”を祝うお祭り「イースター」をテーマに開催。花畑には横浜赤レンガ倉庫創設105周年にちなみ、105体のイースターバニーが様々な造形で登場します!

長さ80m、幅50mの敷地に広がる5つのゾーン

会場内は5つのゾーンで構成されており、入り口では大きなウェルカムエッグが来場者をお出迎え!5つのゾーンの内容は以下の通りです。

A:お出迎えゾーン

フラワーガーデンの入口で巨大なウェルカムエッグとイースターバニーがお出
迎え!

B:食べちゃうゾーン

イースターバニーが大好物のニンジンを作っているキッチンガーデン。

C:タマゴの森ゾーン

イースターバニーの生まれた森。バニーが暮らす巨大な樹の巣があります。

D:遊ぶゾーン

フラワーエッグに見守られた芝生公園は、うさぎと子どもたちが遊べる場。

E:水辺とメロディーのゾーン

中央にある「フラワーハープ」が音楽を奏で、色とりどりの花が咲くバニーたちのリゾートアイランド。

【2016年初】ウエルカムエッグへのプロジェクションマッピングも開催!

今年初の試みとして、毎日18時からウェルカムエッグをキャンバスにプロジェクションマッピングを実施し、幻想的な演出を行うことでフラワーガーデンの新しい夜の楽しみ方を提案します。

■開催時間
平日:18:00〜21:00
土日祝:18:00〜23:00
※天候や映像機材の故障等により、上映できない場合があります。
※30分に1回2〜3分の映像が流れます。
■内容
卵の柄が変化し、卵から花が湧きだします。卵自体に変化がおとずれ、卵の中から花畑とウサギが登場します。

館内では「Red Brick Easter」開催!

本イベントと連動して、横浜赤レンガ倉庫館内では『Red Brick Easter』が開催!イースターにちなんだ卵を使ったメニューや、草花をモチーフにした雑貨など普段とは違った楽しみが多数準備されています。

※メニュー・商品情報は一例です。

横浜の春の訪れを感じるフラワーガーデンに行こう!

「いつ来ても変わらない、けれども、いつ来ても新しい」をコンセプトとする横浜赤レンガ倉庫。館内外で横浜の春の訪れを感じられる「FLOWER GARDEN 2016」に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

「FLOWER GARDEN 2016」の詳細を見る
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!

気になるキーワードをチェック!