世界最大級!100種類以上!カレーパン博覧会2016開催

100種類以上のカレーパンが一堂に集まるカレーパン博覧会2016が、2016年3月6日(日)11:00よりiTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて開催されます!

世界一大規模のカレーパン博覧会は、なぜ日本で開かれるの?

イベントを主催する日本カレーパン協会曰く、カレーパンが日本で生まれた日本の食べ物だから!とのこと。日本で生まれた日本の食べ物の祭典が、日本以外での開催は考えられません。また、日本人の控えめな感性において「世界最大」という規模のイベントには縁遠いものかもしれませんが、日本で生まれた日本の食べ物カレーパンにおいては、胸を張って開催できると考えているとのこと。

なぜこの時期に開催されるの?

なぜ今年は3月6日に開催なのか?それは啓蟄(けいちつ)の翌日の日曜日だからです。啓蟄とは、日本の季節を分ける二十四節気の3番目。「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)という意味を示す時期。世の中に出るという意味でこの日以外考えられないとのこと。カレーパンの旅立ちの日に最良であると考えられています。

一体、どんな博覧会?

その名の通り、世界一カレーパンが集まる博覧会!日本カレーパン協会が選んだカレーパン100種類以上が二子玉川に大集合します。色々なカレーパンを選べるように、スーパーマーケットの買い物とパン屋さんの買い物をイメージし、来場者はおぼんを持って好きなパンを選び、レジに行って買い物をするというようなイメージとのこと。

日本で生まれたカレーパンのお祭りに、親子でぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

「カレーパン博覧会2016」のイベント詳細を見る

関連キーワード