全長140m超!石垣に写る100年の物語マッピング

2016年2月13日(土)・14日(日)の2日間、高さ10m、幅140mを超える弘前城の本丸石垣に、弘前市を象徴する映像が7面マルチ・プロジェクションで投影されます!

日本最大級のスケールで、弘前市の魅力を表現

このイベントは、弘前城本丸石垣修理、天守曳屋という世紀の事業の実施と第40回を迎える「弘前城雪燈籠まつり」を記念して行われるもの。

映し出される映像は、弘前市のこれまでの100年を描くことを軸に、今後さらなる発展を遂げていく弘前市を予感させることをテーマに、日本最大級のスケールで市の魅力を表現しています。

エンターテイメントとしても楽しめる空間

各編冒頭には「弘前の桜」を象徴的に表現した共通のジングル・タイトル映像が投影されるとともに、世界的に感動をもたらした「花筏」をイメージしたライティングを行い、エンターテインメントとしても楽しむことのできる空間が演出されます。

また、ふるさと納税の「石垣普請応援コース」に寄附した「一口城主」(2015年8月16日から2016年2月3日までに入金が確認できた方)への特典として、試写会も開催されます。

■放送予定の映像
1) 「弘前城の世紀」編
2) 「弘前相聞」編
3) 「弘前百景」編

■投影時間
1) 18:00、2) 18:30、3) 19:00、4) 19:30、5) 20:00、6) 20:30

桜色に染まる光の祭典を見に行こう!

全長140m超えの石垣が桜色に染まる光の祭典「弘前城 石垣マルチ・プロジェクション」。100年の歴史に思いを馳せる、この冬の特別な2日間。お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

「弘前城 石垣マルチ・プロジェクション」の詳細を見る
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!