川崎ハロウィン体験記・後編:楽しいノリ&スター気分を満喫

ハロウィンパレードは「興味はあるけど、まだ参加したことがない」という方も多いのでは? そんな方に向けて「KAWASAKI Halloween2015」(神奈川県川崎市『LA CITTADELLA (ラ チッタデッラ)』で開催)のキッズパレード体験レポートをお届け。後編では、いよいよパレード中の様子をご紹介! 参加者ならではのスター気分&他の参加者との交流を楽しみましょう♪

【補足情報】
「KAWASAKI Halloween 2016」は、未就学児が参加の「キッズパレード」が2016年10/29(土)、小学生以上が参加の「ハロウィンパレード」が2016年10/30(日)の開催予定です。パレード申し込みは2016年9/1(木)開始の予定。詳細は下記公式ページでご確認ください。

「KAWASAKI Halloween 2016」の公式サイトはこちら

いよいよパレード本番!キッズパレードならではの演出も

本番開始1時間〜30分前くらいになると、パレード参加者の受付が始まります。当日の受付方法やグループで同じ隊列で並ぶための条件はパレードによって異なるので、公式サイトでしっかり確認しておきましょう。「KAWASAKI Halloween2015」では電子チケットで参加受付をするので、画面に表示したQRコードを係りの人に見せて受け付けしてもらいます。

指定されたスタート地点の川崎駅前の銀座街へ移動し、待つことしばし。主催者側から注意事項の説明が終わり、いよいよパレードがスタート…と、思ったら、なんとゲストでNHKの教育番組『いないいないばぁ』に出演中の大角ゆきちゃんが登場! 子どもたちも大興奮です。

未就学児(0歳〜6歳)が対象のパレードだけに「ゆきちゃん」登場で盛り上がるパパママ&子どもたち。ゆきちゃんが元気にコメントする姿に観客全員が注目していると、なにやら恐ろしい笑い声が会場に響き渡り…悪魔がゆきちゃんをさらっていってしまいました! 

どうやらパレード参加者みんなで悪魔たちを倒して大魔王からゆきちゃんを救い出さねばならないようです。興奮が最高潮に達する中、華々しい音楽とともにパレードがスタートです。


いよいよ本番!笑顔で観客に手を振ってスター気分!?

パレード中は音楽に合わせてノリノリで踊ったり、他の参加者の衣装を見たり、観客に手を振ったり、思い思いに楽しみながら歩きます

沿道にはカメラを構えた観客がズラリ。笑顔で観客に手を振れば、なんだか自分がスターになった気分です。

ママと手をつないで懸命に歩く仮装姿のキッズたちに「かわいい〜!!」という声がそこかしこで飛び交っていました。パレードの途中で川崎駅前の大通りを横切りますが、自動車も規制され、歩行スピードもとてもゆっくりなので、小さい子どもたちでも安心して楽しむことができます

途中、水の悪魔・火の悪魔がパレード参加者の行く手をさえぎりましたが、参加者みんなで力をあわせて悪魔たちを撃退! 

ついに、大魔王の待つゴール地点へとたどり着きました。

パレードで歩いた時間は15分〜20分ほどですが、こうした演出もあり、興奮状態だったからか、あっという間に感じました。

ゴールに着くと、舞台上には大魔王たち悪魔が…! 「巨大ボールで悪魔を倒そう!」というMCのお姉さんの声で一斉にボールを悪魔にぶつける子どもたち。そして、無事ゆきちゃんを助け出すことができました!

最後は、ゆきちゃん&参加者で記念撮影。会場がひとつになった瞬間でした。

初めて参加してみた感想は…とにかく楽しい!

川崎市の広報担当者の方によれば「ゲスト登場&パレード中にイベント要素を組み込むのは今回が初めての試み」とのことですが、子どもたちも「敵を倒して進む楽しいアトラクション」と感じていた様子だったので、今後もぜひ続けてもらいたいものです。

6歳長女も「みんなで『トリックオアトリート!』っていって楽しかった」と満足そうでした。2歳の次女はお昼寝明けの参加だったので、今回はパパが抱っこのままでしたが、1歳半のお友達はママと手を繋いで歩いていました。

キッズパレードは距離も短く、子どもが歩くスピードでゆっくり進むので、小さな子どもでも負担なく参加できます。「KAWASAKI Halloween」のキッズパレードはベビーカーもOKなので、年齢に関係なく楽しめるのがうれしいですね。

※ベビーカーでの参加可否はパレードごとに異なるので、事前に必ず確認を


パレード参加者との写真撮影を楽しもう!

今回参加した「KAWASAKI Halloween2015」を始め、パレード進行中の隊列内での撮影は安全上の理由で禁止されることが多いもの。そうした場合も、ゴールした後は参加者同士で撮影することができるので、気になる仮装の子がいたら、ぜひ一緒に写真撮影をお願いしてみましょう。

他の参加者との写真撮影は必ず保護者の許可をもらってから。もし個人ブログやSNSへアップしたい場合には、その旨もしっかり伝えて、トラブルにならないように注意しましょう。

「KAWASAKI Halloween2015」のパレード参加者スナップはこちら

もしパレードの申し込みに間に合わなかった場合には、観客としてパレードを楽しみ、参加者と一緒に写真を撮るというのもアリ。実際、我が家も翌日に行われた大人向けのパレードに観客として参加しましたが、じっくり参加者の衣装を見て写真を撮ったりと、自分が歩くのとはまた違った楽しみ方ができて楽しかったです(パレード後に川崎駅前の広場で実施される仮装コンテストも必見!)。

まだパレード未体験の皆さんも、来年はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

※取材協力

ラ チッタデッラ | KAWASAKI Halloween 2015

神奈川県川崎市『LA CITTADELLA (ラ チッタデッラ)』で開催される、来年で20周年を迎える日本最大級のハロウィンイベント。特に、小学生以上が参加可能な「ハロウィン・パレード」は、参加者2500名、観客数12万人(※2015年10月25日開催時)を誇るビッグイベント。その前日に開催される未就学児を対象とした「キッズパレード」も、今年は参加受付が開始された2日後に1500名の参加枠が埋まってしまうほどの人気ぶり。