ドライブ途中に遊べる!ハイウェイオアシス3選

紅葉狩りやピクニックなど、家族でドライブに出かける機会が多くなるシーズンですね。ドライブの途中に立ち寄って遊べる施設があれば、道中、子どもが飽きずにお出かけを楽しめるはず。そこで今回は、サービスエリアやパーキングエリアに接続し、高速道路を出ることなく楽しめる、おすすめの「ハイウェイオアシス」を3つご紹介します。

刈谷ハイウェイオアシス(愛知県)

岩ケ池公園と伊勢湾岸自動車道の刈谷パーキングエリアからなる複合施設で、高速道路からも一般道からも入ることができます。目印は観覧車。メリーゴーランドやゴーカートもあり、ここは遊園地?と思ってしまうような充実度です。

おすすめ1「観覧車」

高さ60メートル。夜には7色のイルミネーションが点灯します。約12分の空の旅が楽しめます。36台のゴンドラのうち、足元がシースルーになったゴンドラが4台あります。
(料金:一人600円 ※3名セット券1500円、4名セット券2000円)

おすすめ2「天然温泉かきつばた」

露天風呂、サウナも完備した本格的な温泉施設。お風呂からあがったら、休憩スペースでごろごろしてもいいし、フードコーナーや食堂で腹ごしらえをするなど気ままに過ごせます。
(料金:大人(中学生以上)820 円、子ども小人(3歳までは無料)410 円)

おすすめ3「岩ケ池公園」

ゴーカート、メリーゴーランド、ミニ汽車など子どもが喜ぶ遊具がたくさん。季節ごとに変わる園内の花や緑もお楽しみの一つです。入場無料なのもうれしいですね。
(料金:無料)

そのほか、産直市場や大充実のフードコート、テレビや雑誌などにも取り上げられた豪華なトイレ「デラックストイレ」など見どころたくさん。

  • 施設名:刈谷ハイウェイオアシス
  • 所在地:愛知県刈谷市東境町吉野55番地
  • 問い合わせ:0566-35-0211(代表)
  • アクセス<名古屋市街から>名古屋高速3号大高線 名古屋南JCTより伊勢湾岸自動車道 静岡方面へ(市街地から約30分)、<豊橋・静岡方面から>東名高速 豊田JCTより伊勢湾岸自動車道へ(豊田JCTから約7分)、<三重方面から>東名阪自動車道 四日市JCTより伊勢湾岸自動車道 静岡方面へ(四日市JCTから約30分)、<米原・一宮方面から>名神高速 小牧JCTより東名高速へ、豊田JCTより伊勢湾岸自動車道へ、<美濃・土岐方面から>東海環状自動車道で豊田方面へ、豊田JCTより伊勢湾岸自動車道へ
「刈谷ハイウェイオアシス」の詳細はこちら

オアシスパーク(岐阜県)

オアシスパークは国営公園(国営木曽三川公園)、岐阜県営公園(世界淡水魚園)、 自然共生研究センター、水辺共生体験館、岐阜県河川環境研究所、東海北陸自動車道の川島パーキングエリアとハイウェイオアシスからなるレジャー施設です。

おすすめ1「清流の森のお宝探偵団」

見習い〜星4つまでレベル別に設定されたミッションを、グループで公園内を探索して制限時間内にクリアするアドベンチャーゲーム。家族でチャレンジしてもいいかも。
(料金:1グループ500円)

おすすめ2「大観覧車オアシスホイール」

雄大な木曽川や岐阜の街を一望できる、高さ70メートルの観覧車。10キロまでならペットも一緒に空中散歩を楽しむことができます。
(料金:一般(3歳以上)1ゴンドラにつき 1名:650円、2名:1,300円、3名:1,800円、4名:2,200円)

おすすめ3「オアシスパーク 公園・遊具・キッズコーナー」

全長65メートルの大きな魚型の遊具や、水遊びができる広場、コイが泳ぐ水路など、大人も子どもも夢中になれる施設がズラリ。売店で食事をテイクアウトして園内で食べることも可能です。
(料金:無料)

そのほか、大型迷路、屋台村、週末には大道芸人が来たり、音楽祭が開催されたりとイベントも豊富です。

施設名:オアシスパーク
所在地:〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町1564-1
問い合わせ:0586-89-6766
アクセス:東海北陸自動車道「川島PA」より直接入園可能。 東海北陸自動車道「一宮木曽川インターチェンジ」から約10分。※川島PA下り線・上り線、どちらからでも入園可能だが、上り線(高山方面)から行く場合は、駐車台数が少ない為、土日祝は満車になる事が。混雑を避ける為に、岐阜各務原ICで高速道路を降りた後、一般道から入るか、名古屋方面からの下り線の利用がおすすめ。 

「オアシスパーク」の詳細はこちら

佐久平ハイウェイオアシス パラダ(長野県)

上越自動車道路に直結したハイウェイオアシスです(上り下りともに共通)。ここは高速道路利用客だけでなく、一般道からも来られるのがうれしいですね。またスマートインターチェンジを設置しているので、そのままそこから高速道路に乗れたり、ここでUターンして帰ることもできます。

おすすめ1「昆虫体験学習館」

標本をとおしてさまざまな昆虫の情報を得ることができます。また、昆虫クラフト、昆虫探検、蝶・カブトムシ等の標本づくりなど、多彩な体験学習メニューも。
(入館料:大人200円、子ども100円)

おすすめ2「アスレチック広場」

「吊り橋」や「ゆらゆら丸太」など、18個のポイントをクリアしながら進む本格的なアスレチックコース。動きやすい服装、靴でチャレンジしましょう。
(入場無料)

おすすめ3「スカイトランポリン」

逆バンジーのスリルを体験。対象は3歳以上75歳までで、体重が12kg〜90kgの人。浮遊感が気持ちいい!
(1回1000円)

そのほか、レストランやカフェも併設、トレッキングコースも整備されています。夏には「カブトムシドーム」「スーパースライダー」「サマーリフト」など、季節限定のアトラクションも。冬は、スマートインターチェンジから直結のスキー場「佐久スキーガーデンパラダ」でスキーを楽しめます。ここで1日過ごせてしまうくらいの充実度です。

  • 施設名:佐久平ハイウェイオアシス パラダ
  • 所在地:〒385-0003 長野県佐久市下平尾 2681
  • 問い合わせ:北パラダ TEL:0267-68-5116、南パラダ TEL:0267-67-8100
  • アクセス<東京方面から>関越道・上信越自動車道 練馬I.C→佐久平スマートIC 約147km 、<北関東方面から>北関東自動車道・上信越自動車道 佐野スマートIC→佐久平スマートIC 約133km 、<横浜方面から>圏央道・関越自動車道・上信越自動車道 海老名IC→佐久平スマートIC 約187km
「佐久平ハイウェイオアシス パラダ」の詳細はこちら

お出かけの目的地になってしまうくらい丸1日楽しめる仕掛けがいっぱいのハイウェイオアシス。今回ご紹介した3つの施設以外にも全国各地にあるので、ドライブのついでに楽しんでみては?

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!