泡がミッキーマウスの形に!?TDL新エリア誕生!

2015年7月1日より、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに、新スポットハンドウォッシングエリアが登場! 手をかざすとミッキーの形に泡が出る最新スポットのオープニングセレモニーを取材してきました。新しい隠れミッキーとして、人気がでること間違いなさそうです。

ミッキーマウス、ミニーマウス、チップ、デールが登場しセレモニー開催

ハンドウォッシングエリアは花王株式会社が提供する新スポット。ミッキーマウス、ミニーマウス、チップ、デールがお祝いに駆けつける中、花王株式会社 代表取締役社長の澤田道隆氏、株式会社オリエンタルランド 代表取締役社長(兼)COOの上西恭一郎氏がミッキーマウスの形に出てくる「ビオレU」の泡を体験しました。

初日からキッズもママもパパの行列に!

当日訪れた家族連れは、取材に、「開校記念日で、今日しか来られないと雨の中やってきました。新エリアのオープンの日でうれしい」「泡がふわふわで、思わず洗いたくなります」と、応えてくれました。

ハンドウォッシングエリアの詳しい設置場所は?

設置されているのは大きくわけて三つ。
東京ディズニーランドのクリッターカントリーの「ラッケーティのラクーンサルーン」横、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントの「ニュージーズ・ノヴェルティ」横、そして、各パーク4箇所のレストルームです。(*今後、順次設置場所を増設予定)

ウォッシングエリアは高さの違う二つの蛇口がついており、パパやママと子どもたちが一緒に手を洗うことができるように工夫されています。

ハンドウォッシングエリアの使い方のコツ

実際にやってみると、上手にミッキーの形に泡を出すにはすこしコツがあるようで、「乾いた手のほうが綺麗に出ますよ」「泡の出口から1センチほどのところに手をまっすぐに持っていって出してみるといいですよ」と、キャストの皆さんが声をかけていました。

レストルームに設置されたハンドウォッシングエリアでは、青いラインがひかれたところに

手を出すと、センサーが反応してミッキーマウスの泡が出る仕組みになっており、こちらのほうが小さな子どもは泡を作りやすいようでした。

まとめ 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでも、お家でも手洗いを!

小さなころ、自分の思ったものが蛇口から出てくるといいなと考えたことが具現化したこのハンドウォッシングエリア。子どものころのワクワクした気持ちをずっと持ち続けながら、清潔綺麗に目覚める小さな魔法となって欲しいと、花王株式会社 代表取締役社長の澤田道隆氏と、株式会社オリエンタルランド 代表取締役社長(兼)COOの上西恭一郎氏はインタビューに応えていました。