親子で楽しめるイベント満載! 「横浜開港祭」見どころ紹介

横浜の開港を祝う「第36回横浜開港祭2017」が、2017年6月2日(金)と3日(土)の2日間、臨港パーク・みなとみらい、新港地区エリアを中心に開催されます。もちろん、横浜市民でなくても参加は可能。ここでは子ども向けの催しをピックアップして紹介します。

海で遊べるイベントが盛りだくさん!

開港祭のイベントは「マリンイベント」「ランドイベント」「ステージイベント」の3つのカテゴリーに分けられます。

「マリンイベント」では、毎年人気の「スーパーキッズ体験操船会」が両日登場! 小学生以上が1人200円で参加でき、みなとみらいの海をエンジン付きゴムボートで航走します。希望者が多い場合は全員が参加できない可能性もあるので、早めのチケット購入がおすすめ。

また、小学生4年生以上を対象とした「シーカヤック体験」(1人300円)や「水陸両用バス乗船会」(1日目のみ)など、海に触れる体験が盛りだくさん! 自衛隊艦艇「たかなみ型護衛艦」の一般公開なども行われます。


カラダを動かして遊べるイベント多数!

「ランドイベント」では駅伝やスポーツ教室など、体を動かす催しが多数! ゆっくりと動く電動のボート「バンパーボート」(600円)や、ビルの3階の高さまで飛び上がる逆バンジージャンプ「JUNPZONE」(1000円)も用意されています

そのほか、ソーラーパネルを使った工作や種まきを通してエコを学べる「エコキッズパーク」や、竿の持ち方やルアーの投げ方を教えてもらえる「つりゲーム」、横浜にまつわる知識を身に付けながらゴールを目指す「横浜開港祭検定スタンプラリー」など、親子で楽しめるコンテンツが満載!

さざなみと音楽に耳を傾けて

「ステージイベント」ではアーティストや横浜市民によるライブが繰り広げられます。2日目の18時からスタートする「ドリーム・オブ・ハーモニー」は「横浜開港祭」の目玉! 一般公募で集まった横浜市民による迫力の混声4部の大合唱を楽しめます。

横山剣率いるクレイジーケンバンドによるスペシャル音楽ステージのほか、在日米陸軍らによる官公庁音楽隊による演奏、横浜ご当地ネタを取り入れた8組のお笑い芸人によるステージも!

また、横浜で人気のゆるキャラが集結する「ゆるキャラパレード」や好評の「第6回横浜クイズ選手権」も必見。小学生3人&保護者1人で1チームとなり、横浜に関する問題に答えていきます。優勝すると「豪華ランチクルーズ」がゲットできます。


開港祭を締めくくるのは、6月3日(土)19:20〜20:00に行われる「ビームスペクタクルinハーバー」。横浜港の海をキャンバスに、音、光、そして花火が織りなす祝祭のショーを堪能できます。臨港パーク内からの観覧がオススメです。

子どもから大人まで楽しめるイベントが目白押しの2日間。ぜひ、親子でおでかけしてみてはいかがでしょうか?

第36回横浜開港祭2017

開催日:2017年6月2日(金)、6月3日(土)
開催場所:臨港パークおよびみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
料金:入場無料

イベントの詳細はこちら
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ピックアップエリアから探そう!

気になるキーワードをチェック!