世界の気持ち悪い生物が大集結! スカイツリーで「キモい展」

オオムカデ、ウデムシ、サソリ、ゴキブリ、マルメタピオカガエルなど、世の中の気持ち悪い生き物を集めた「キモい展」が、2017年6月8日(木)〜7月9日(日)に東京都墨田区の「東京ソラマチスペース634」で開催されます。「ふれあいコーナー」やオリジナルグッズ販売もあり、気持ち悪いアニマル(生き物)略して「キモアニ」を楽しむことができる展覧会です。

陸・水・蟲(むし)ゾーンに分かれたキモアニが30種以上!

色や形、動きなど、なぜそんなに気持ち悪いのか疑問しか浮かばない形態の生き物がゾーンごとに紹介されています

陸のキモアニ「ボールニシキヘビ」

「ボールパイソン」とも呼ばれ、体長は約1m。アフリカ西部〜中央アフリカにかけて分布しているキモアニです

水のキモアニ「マルメタピオカガエル」

体長11〜12cm、扁平な体で手足が短いのが特徴。かわいらしい見た目からペットとしても人気です

蟲(むし)のキモアニ「ウデムシ」

体長5mm〜4cmほどの節足動物。世界3大奇蟲の一つで日本には生息していません

※生き物は変更になる場合があります。


「ふれあいコーナー」でキモアニにタッチ! 

会場では、月曜日と水曜日に「ふれあいコーナー」を実施予定です。キモアニたちと触れ合うことができるチャンスをお見逃しなく! 同展のイメージキャラクターは、テレビで活躍中のお笑い芸人「アンガールズ」の田中卓志さん。田中さんは、6月8日(木)の10時30分にふれあいゾーンに登場予定です。

また、限定のオリジナルグッズも販売予定です。アンガールズ田中さんとのコラボグッズも! ここでしか手に入らない「キモい」グッズ、ぜひチェックしてください。

普段はなかなか見ることができない「キモアニ」。子どもの自由研究の題材にもなりそうですね。家族みんなで出かけてみてはいかがでしょう。

キモい展

開催日時:2017年6月8日(木)〜7月9日(日)
場所:東京ソラマチスペース634
料金:当日800円(前売700円)
※3歳以下入場無料

イベントの詳細はこちら

関連キーワード