30

千葉市「稲毛海浜公園プール」OPEN! エア遊具&休憩エリア新設

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

千葉県千葉市にある「稲毛海浜公園プール」が、2022年7月16日(土)〜8月28日(日)の期間にオープンします。今シーズンは「レトロモダン」をコンセプトに施設全体が大幅リニューアル! 小さな子供が遊べるエア遊具が新登場するほか、休憩スペースやトイレ、更衣室などもより快適になっています。

2022【東京近郊】夏休みイベントおすすめ22選 恐竜&納涼&体験多数

スタイリッシュな空間へとリニューアル

1977 年の開業以来45 年間、多くの方に親しまれてきた「稲毛海浜公園プール」。今回の大幅リニューアルでは、ノスタルジックな雰囲気や子供から大人まで楽しめるアトラクションはそのままに、施設全体のデザインがスタイリッシュに一新されます。

小さな子供も安心して遊べるエア遊具を導入

プールエリアには、小さな子供も安心して楽しめるエア遊具が新登場! 高さ約6mからの滑り台、水上に浮かんだ水上アスレチックの3つのエア遊具でプール遊びの幅が広がります。

ほかにも、海にいるような感覚を楽しめる「メインプール」(造波プール)をはじめ、全長295mの「流れるプール」、全長80m・スリル満点の「ウォータースライダー」、噴水シャワーやカラクリバケツなど楽しい仕掛けがいっぱいの「ちびっこプール」(水深20cm前後)で思いっきり遊べます。本格的に泳ぎたい方には、50mプール・25mプールもありますよ。

※エア遊具・ウォータースライダーは120cmの身長制限があります

有料の休憩スペースを新設

プールサイドには、ゆったりとくつろげる有料の休憩スペースが新設されます。パラソル・テーブル・ベンチ付きの「プライベートエリア」と、サンシェードのもとテーブル・ベンチが完備された「VIPエリア」は予約制なので、早めのチェックがおすすめです。無料のパラソル設置エリアや、テント設置可能エリアもありますよ。

白を基調とした爽やかなレストラン

施設内のレストラン「Canteen」は、白を基調とした爽やかで解放感のある空間へとリニューアル。プールで身体を動かしたあとにぴったりの丼ぶりやラーメンなど、子供から大人まで楽しめる豊富なメニューがそろいます。

トイレや更衣室もより安全&快適に!

プール管理棟の大幅リニューアルに伴い、トイレや更衣室を始めとした各機能も一新。より安全で快適に利用できる空間へとアップグレードされています。

チケットは日付指定の事前購入制

チケットは全営業日、日付指定の事前購入が必要です。おでかけの際は、公式サイトから「1Dayチケット」、「プライベートエリア付きチケット」、「VIPエリア付きチケット」を選んで購入してください。エア遊具1日乗り放題チケットは「オプション券」として一緒に事前購入できるほか、当日現地での購入も可能です。

これまで以上に心地よく過ごせるプールへと生まれ変わった「稲毛海浜公園プール」。夏休みの思い出に、ぜひ家族でおでかけしてみてくださいね♪

■「稲毛海浜公園プール」概要
営業期間:2022年7月16日(土)〜8月28日(日)
営業時間:10:00〜17:00(16:00最終入場)
チケット価格:一般1600円、高校生1000円、小・中学生500円、幼児(満4歳以上)200円
オプション券:
・エア遊具一日乗り放題2,000円(現地購入可)
・VIPエリア(6人がけ席)5,000円
・プライベートエリア(6人がけパラソル席)3,000円
予約:公式サイトから要予約

公式サイト新型コロナウイルス感染拡大防止対策について
夏休みにオススメのスポット特集2022
プール・じゃぶじゃぶ池特集2022
この記事をあとで読む
30
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!