8

名古屋で「国内最高峰」花火大会5/28開催 音楽と融合&巨大玉も

営業日時や料金などが変更になっている場合がございます。
最新の情報は公式HPなどでご確認ください。

愛知県名古屋市の「名古屋港ガーデンふ頭」で、2022年5月28日(土)に、国内最高峰の花火イベント「名港水上芸術花火2022〜初夏の花火〜」が開催されます。5月14日(土)より、観覧チケットの一般販売がスタートします!

名古屋の1日遊べる「駅近公園」7選 大型遊具・水遊び・動物園も

水上ならではの芸術的な花火が楽しめる!

毎年10月に開催している「名港水上芸術花火」は、名古屋湾の夜空と水上を彩る恒例の花火イベント。2022年は、初夏の5月に開催が決定しました。

その名の通り、水上で花火を打ち上げる本イベント。陸上ではできない打ち上げ技術「至るところ打ち」により、上空に向かってだけでなく、横にも前にも後ろにも斜めにも花火を打ち上がるのが特徴です。

ダイヤモンドフォーメーションの台船配置による保安距離ギリギリの立体的な花火演出は迫力満点! 子供たちの目がくぎ付けになること間違いなしです。

音楽と花火の芸術的な融合に注目!

音楽と花火の絶妙な共演も大きな魅力。コンピューター制御により、花火の滞空時間、残存光を計算に入れ、音楽のリズム・メロディー・楽器・歌詞・ボーカルにぴったりと合うよう、30分の1秒単位の繊細さで次々と花火が打ち上げられます。

音楽に合わせて花火が踊っているかのような技術はまさに芸術! 名古屋港ガーデンふ頭の景色に合うポップから、洋楽、クラシックまで、幅広いジャンルの音楽とそれに合わせた花火の演出に注目です。

半径240mもの大輪を咲かせる二尺玉も!

2021年の開催時に、名古屋で初めて打ち上げられた直径60cmの二尺玉が、2022年も登場します。上空500m地点で半径240mもの大輪を咲かせる花火玉は必見! 日本屈指の花火師たちによる花火ショーは、子供たちにとって特別な思い出になりそうですね。

観覧チケットの一般販売スタート! ネット中継も予定

全席指定の有料観覧となっている「名港水上芸術花火2022」。5月14日(土)より、各プレイガイドにて、観覧チケットの一般販売がスタートします。

観覧席は、花火打ち上げエリアが目の前に広がる「応援席」、ソフトドリンクとおつまみが付いた「桟敷席(さじきせき)」の2タイプ。すべての席からダイナミックな花火演出を満喫できますよ。大変人気のチケットなので、気になる方は早めのチェックがおすすめです。

※動画は音が出るのでご注意ください

ちなみに、会場に行かなくても花火を観覧できるインターネット中継も予定されています。詳細は後日発表されるので、公式サイトをチェックしてくださいね。5月28日(土)は、ぜひ家族みんなで、花火の音や光、音楽を楽しんでください!

■「名港水上芸術花火2022〜初夏の花火〜」概要
開催日:2022年5月28日(土)
※荒天、時化の場合は翌日に順延(翌日も荒天の場合は中止)
時間:開場17:30、開演19:35、終演20:35(予定)
場所:名古屋港ガーデンふ頭
料金:【シングル席(1名)】8,000円、【ペア券(2名)】15,400円、【グループ券(4名)】30,800円、【最前列ペア券(2名)】33,000円、【二列目ペア券(2名)】30,800円、【桟敷席(5名)】50,000円
※未就学児はひざ上観賞で無料(席が必要な場合は有料)

公式サイト新型コロナウイルス感染拡大防止について
子供と楽しむ♪雨の日特集2022
子供と楽しむ!キャンプ特集2022
楽しみ方いっぱい!公園特集
この記事をクリップする
8
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!