11

関東近郊の「格安コテージ」があるキャンプ場 設備充実&温泉も

初めてのキャンプや小さな子供がいるファミリーは、テント泊よりも設備が整ったコテージの方が安心できますよね。さらに、リーズナブルであれば、より行きやすいですよね。

そこで今回は、関東近郊の「格安コテージ」があるキャンプ場を紹介します! 「コテージ」のグレードの違いなども併せてチェックしてみましょう。

設備や料金はグレードによって異なる!

キャンプ場には、「コテージ」や「バンガロー」などさまざまな宿泊施設があります。名称はキャンプ場によって異なりますが、「バンガロー」は室内照明があるだけの簡素な小屋を指すことが多いです。

一方、「コテージ」はキッチンやトイレ、風呂などの設備がついた貸別荘に近い宿泊施設が一般的です。さらに、コテージにも設備や広さによってグレードがさまざまあり、グレードによって料金も異なります。一般的な設備と料金を紹介します。

コテージ1棟1泊あたりの料金イメージ

  1. エアコン・ダイニング・キッチン付き=1棟1万5,000円前後
  2. エアコン・ダイニング・キッチン・トイレ付き=1棟2万円前後
  3. エアコン・ダイニング・キッチン・トイレ・風呂付き=1棟2万5,000円前後
  4. エアコン・ダイニング・キッチン・トイレ・風呂・テレビ・冷蔵庫付き=1棟3万円前後

ちなみにコテージやバンガローなどの料金は、1棟の利用料金です。定員はありますが、ホテルなどと違い1名あたりの料金ではないのでお間違えなく! キャンプ初心者のファミリーなら、設備が充実した(3)と(4)グレードのコテージが気軽に安心して過ごせておすすめです。それでは、上記の料金よりも「格安」で利用できる施設を紹介します!

那須野が原公園オートキャンプ場(栃木県)

そり遊びやアスレチック、芝生広場、ファミリープールなどが楽しめる「那須野が原公園」内にあるキャンプ場。場内にはクアハウス(温泉)があり、宿泊者は何度でも無料で利用できます(中学生以上は入湯料100円がかかります)。また、キャビン内にあるお風呂がすべて温泉という点も魅力の1つです。

キャビンには、8人用と4人用の2種類があります。4人用キャビンは、冬期割引期間中(12月1日〜12月29日、1月4日〜2月末日)なら1棟1万3,580円、通常期(GW、お盆、8月中旬、冬期を除いた日)でも1万9,240円です。設備がとても充実している施設なので、非常にお得感のある料金です。

■那須野が原公園オートキャンプ場
住所:栃木県那須塩原市接骨木452-9
営業日:通年
※通常期の具体的な期間などは公式サイトで確認ください
定休日:なし
設備:【4人用キャビン】キッチン、ガスコンロ、トイレ、温泉風呂、テレビ、冷蔵庫、エアコン、コタツ、電子レンジなど


かずさオートキャンプ場(千葉県)

場内で川遊びや釣り、ヤギの餌やりなどが楽しめるキャンプ場。南房総のほぼ中央にあり、車で30分圏内には「マザー牧場」や「鴨川シーワールド」、「東京ドイツ村」などの人気お出かけスポットのほか、海水浴場もたくさんあります。

場内には、さまざまなログキャビンが点在しています。なかでも「ログ1・2・3」は、各5人用の宿泊施設で、テレビは備えられていませんが、1棟1万8,000円とリーズナブルに利用できます。布団は、1セット1,200円でレンタルできます。

■かずさオートキャンプ場
住所:千葉県君津市向郷776-1
営業日:通年
定休日:なし(臨時休業あり)
設備:【ログ1・2・3(各5人用)】キッチン、ガスコンロ、トイレ、風呂、エアコン、冷蔵庫など

夢見る河口湖コテージ戸沢センター(山梨県)

河口湖畔にあるコテージメインのキャンプ場。コテージからは、眼前に富士山と河口湖が広がる最高のロケーションです。場内の桟橋からは、屋形船(予約制)や快速モーターボートクルーズなども楽しめます。

7タイプあるコテージは、すべてトイレとお風呂付きです。冬期は、お得な少人数料金プランがあります。たとえば、4人用の「Fタイプ」と「Gタイプ」は、平日を中心としたローシーズンなら4人で1万8,000円、12月〜3月下旬の冬期平日のオフシーズンなら4人で1棟1万6,200円です。

また、8人用「Dタイプ」は、少人数冬季料金で2人1棟平日1万6,000円、3人1棟平日2万1,000円で利用できます。

■夢見る河口湖コテージ戸沢センター
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石2578
営業日:通年
※Gタイプは1月3日〜3月中旬閉鎖
※ローシーズンの具体的な期間などは公式サイトで確認ください
定休日:不定休
設備:【コテージD(8人用)・F・G(各4人用)】キッチン、ガスコンロ、トイレ、風呂、ストーブ、冷房、冷蔵庫、テレビ、電子レンジなど

松原湖高原オートキャンプ場(長野県)

八ヶ岳の麓に広がる松原湖高原に位置するキャンプ場。オートキャンプ場は、予約不要のフリーサイトで人気があります。また、場内には、子供に人気のアスレチックや釣り場、パターゴルフ場などのレジャー施設がそろっています。

コテージは全部で3タイプあり、すべて洋室のベッドタイプです。ファミリー向きの4〜5人用「スタンダード」は、2階建てで「リビング・キッチン別タイプ」「対面式キッチンタイプ」の2タイプがあります。充実した設備ながら、オールシーズン1棟2万円とリーズナブルな価格です。

■松原湖高原オートキャンプ場
住所:長野県南佐久郡小海町豊里松原湖高原
営業日:通年(コテージ・貸別荘)
※キャンプ場、レジャー施設は冬期(10月下旬〜4月下旬)休業
定休日:なし
設備:【コテージ スタンダード(5人用)】キッチン、ガスコンロ、トイレ、風呂、暖房、冷蔵庫、テレビ、電子レンジなど


河津七滝オートキャンプ場(静岡県)

体感型動物園「iZoo」や「アニマルキングダム」など、周辺に観光地がそろう伊豆の温泉郷にあるキャンプ場。15種類の薬石にかけ流し源泉を染み込ませた温泉「嵐の湯」が併設されています。

「嵐の湯」の2階にはクアコテージがあり、全室に檜(ひのき)露天風呂が付いています。冷蔵庫とテレビはありませんが、温泉に入れて1室1万5,000円(別途、施設利用料として大人1,000円、子供600円)は魅力的ですね。布団は、1セット1,500円で借りることができます。

■河津七滝オートキャンプ場
住所:静岡県賀茂郡河津町梨本470-1
営業日:通年
定休日:なし
設備:【クアコテージ(10人用)】キッチン、IHコンロ、トイレ、露天風呂、エアコンなど

おれっぷ大久保キャンプ場(静岡県)

キャンプ場と芝のグラススキー場が一体となった施設。キャンプ場内にはターザンロープや親水プールがあり、グラススキー場ではそり滑りやポッカールなどの芝遊びが楽しめます。また、手ぶらでのバーベキューや、テントのレンタルなども充実しているので初心者にもおすすめです。

2018年4月にコテージがリニューアルして、新築の「プレミアムコテージ」が登場しました。全コテージに屋根付きのBBQテラスが付いていて、グリル持ち込み、またはレンタルを利用してBBQが楽しめます。

どのコテージもお風呂ではなくシャワールームですが、6人用「ふれあいコテージ」が1棟1万2,220円、暖炉型ストーブ付きの10人用「プレミアムコテージ」が1万6,290円とお得に利用できます。

■おれっぷ大久保キャンプ場
住所:静岡県藤枝市瀬戸ノ谷11029
営業日:通年
定休日:月曜(8月は無休)
設備:【ふれあいコテージ(6人用)】キッチン、IHクッキングヒーター、トイレ、シャワー、エアコン、冷蔵庫、テレビなど

竜洋海洋公園オートキャンプ場(静岡県)

アスレチックやローラー滑り台、プールや広場などがある「竜洋海洋公園」内にある高規格キャンプ場。遠州灘と天竜川の河口に面していて、遠州灘では海釣りが楽しめます。釣り竿のレンタルサービスもあります。

5人用のコテージは、「掘りごたつタイプ」や「庭付きタイプ」、「屋根付きテラスタイプ」など4タイプから選べます。どのタイプも充実した設備ながら、通年1棟1万5,400円で利用できます。

小学生未満は入場無料ですが、高校生以上は360円、小・中学生は260円がかかるほか、清掃協力費として利用者全員100円がかかります。

■竜洋海洋公園オートキャンプ場
住所:静岡県磐田市駒場6866-10
営業日:通年
定休日:なし
設備:【コテージ(5人用)】キッチン、ガスコンロ・電気コンロ・IHクッキングヒーターのいずれか、トイレ、風呂、エアコン、冷蔵庫、テレビ、電子レンジなど

コテージであれば、テントなどを貼らずに楽しめるので、初めてのキャンプでも不安なく思いっきり楽しめますね!

この記事をクリップする
11
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!