お得なクーポン情報の掲載をはじめました

全国の遊べる「ダム」スポット7選 大型遊具&遊覧船&温泉も!

洪水防止や貯水、発電など、さまざまな役割を担っているダム。足を運ぶ機会は少ないかもしれませんが、近年は豊かな自然を活かした観光地としても注目を浴びています。なかには親子でたっぷり遊べるスポットもあり、人気です。

そこで今回は、全国のダムスポットの中から、親子にピッタリの7カ所をピックアップ。それぞれの魅力を紹介します!

宮ヶ瀬ダム(神奈川県)

コンクリート使用量が日本一という巨大ダム「宮ヶ瀬ダム」では、4〜11月の毎週水曜、第2日曜、第2・4金曜に行われる「観光放流」が人気(11:00〜11:06、14:00〜14:06の2回実施)。高低差70mの人工の滝が出現し、毎秒30立方メートルもの水が放水される迫力に、子どもはもちろん大人も圧倒されること間違いなし!

ダム直下の河岸段丘状に広がる「神奈川県立 あいかわ公園」には、ロングスライダーや巨大ネットツリー、壁の迷路などにチャレンジできる複合アスレチック施設「冒険の森」、飛んだり跳ねたりできるふわふわドームなどがあり、1日遊べます。

ほかにも、園内とダムを結ぶロードトレイン「愛ちゃん号」に乗れたり、暑い日はじゃぶじゃぶ池で水遊びができたりと、盛りだくさんのスポットです

■宮ヶ瀬ダム
住所:神奈川県相模原市緑区青山字南山2145-50
定休日:無休
※あいかわ公園など各施設は異なります

竜神ダム(茨城県)

久慈川水系・竜神川をせき止める「竜神ダム」は、水害を防いだり、水運や農業用水としての役割を担い、同県の常陸太田市や日立市に住む市民の暮らしを支えています。ダムの高さは45mあり、スケールが大きくて圧巻です!

ダム湖の真上には、歩行者専用の吊り橋としては関東一の長さを誇る「竜神大吊橋」があり、四季折々の表情を見せる竜神峡が一望できます。毎年4〜5月には、色とりどりの鯉が泳ぐ「竜神峡鯉のぼりまつり」も開催されます

また、ダムから車で約10分のところには、全長123mのローラースライダーや宿泊棟などがあるレジャー施設「竜神ふるさと村」も。家族でイベントやレジャーが楽しめるうれしいスポットです。

■竜神ダム
住所:茨城県常陸太田市下高倉町2153
定休日:無休(管理事務所は土・日曜、祝日、年末年始。希望者へのダムカード配布時間は9:00〜16:00)
※竜神ふるさと村など各施設は異なります

奥只見ダム(新潟県・福島県)

約25万世帯の生活電力に相当する56万kwを発電している「奥只見ダム」は、越後三山只見国定公園の一部。「日本紅葉の名所100選」に選ばれているスポットで、冬に雪が降ると幻想的な景色も楽しめます。

奥只見湖上では、遊覧船に乗ることもできます。壮大な景色を満喫できるほか、夏休みシーズンには「こども船長体験」も開催。制服と制帽を身につけて舵を握れば、最高の思い出になるはずです!

ダムを見下ろす高台には「奥只見電力館」もあり、発電体験コーナーなどで遊べます

■奥只見ダム
住所:新潟県魚沼市、福島県南会津郡檜枝岐村
定休日:無休
※奥只見電力館など各施設は異なります

黒部ダム(富山県)

中部山岳国立公園内を横断する立山黒部アルペンルートにある「黒部ダム」は、毎年100万人以上が訪れる観光名所。大自然を感じられるスケールの大きいスポットで、6月26日〜10月15日には、虹がかかることもある迫力の「観光放水」を実施しています(時間は日程により異なります)。

黒部峡谷を航行する「遊覧船ガルベ」では、30分間の黒部湖周遊が楽しめます。見晴らしのいい展望デッキに立てば、風を受けながら豊かな自然を間近に感じることができ、気分爽快!

「黒部ダムレストハウス」には、限定グッズやグルメがズラリ。なかでも、ダム湖をモチーフにした名物「黒部ダムカレー」は、ユニークな見た目もあって人気メニューです。ルウは少し辛口なので、子どもには甘口の「お子様ダムカレー」がおすすめ。ぜひ親子で食べてみてくださいね。

■黒部ダム
住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺
定休日:無休(観光期間は12月1日から4月上旬まで)
※黒部ダムレストハウスなど各施設は異なります


奥野ダム(静岡県)

静岡県の伊東大川(松川)上流にある「奥野ダム」。近くの人造湖「松川湖」には、多くの人たちが観光のために訪れています。

周囲は、花の広場や水遊び広場、資料館などが点在する1周およそ4.8kmの遊歩道となっています。おすすめは、木製遊具で遊べる「おくの公園」。珍しい植樹迷路もあり、子どもたちの遊び場になっています

夏休みシーズンには、イベント「奥野ダム1日ダム教室」を開催。普段は見られないダム底のトンネルが見られたり、ザリガニ無料配布や木工教室が実施されたりと盛りだくさんです。開催については公式サイトをチェックしてくださいね。

■奥野ダム
住所:静岡県伊東市鎌田
定休日:無休

長島ダム(静岡県)

国土交通省の「地域に開かれたダム」に指定されていることもあり、ダム堤体部の市民への常時開放や、各種イベントの実施などさまざまな取り組みを行っている「長島ダム」。予約制の内部見学では、普段見ることができないダムの内部を職員が案内してくれます。

見慣れない機械が並んでいたり、急な階段を登り降りすると、まるで秘密基地を探検している気分に!

敷地内には、ダムについて詳しく紹介する「長島ダムふれあい館」もあり、親子で学べます。また、周辺のキャンプ場ではバーベキューができたり、釣りやカヌーも体験できたりと、子どもと一緒にたくさんのレジャーを満喫できますよ

■長島ダム
住所:静岡県榛原郡川根本町犬間541-3
定休日:無休
※長島ダムふれあい館など各施設は異なります

日吉ダム(京都府)

近畿地方で最大規模の「日吉ダム」。貯水池(天若湖)の広さは甲子園球場の約70倍、貯水量は6,600万立方メートルと、スケールの大きなダムです。

「長島ダム」と同様に「地域に開かれたダム」に指定されていて、日本で初めてダム堤体内部を見学できる「インフォギャラリー」があり、迫力満点です。職員の概要説明を受けることもできますが、5人以上の事前申し込みが必須。

ダム直下には、道の駅「スプリングスひよし」があり、温泉や屋内温水プールで遊べます。水深65cmの子ども用プールもあるので、子連れでも安心です。屋外には、バーベキューができるエリアやキャンプフィールドも! 1日遊べるスポットです。

■日吉ダム
住所:京都府南丹市日吉町中神子ヶ谷68
定休日:無休
※インフォギャラリーなど各施設は異なります

遊具で遊べたり、レジャーが楽しめたりと、スポットごとに特徴や魅力は多種多様。ライフラインを支える現場を見ることは社会科見学にもなるので、ぜひ親子でおでかけしてみてくださいね。

見学は予約が必要なケースや日時が決まっているケースなどがあるので、詳細は公式サイトを確認してください。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!