お得なクーポン情報の掲載をはじめました

「関西文化の日」無料スポット14選 お得に1日遊べる施設を厳選

関西2府8県の博物館や美術館などが入館無料になる「関西文化の日」。大人も子どももお得に1日遊べるとあって、大人気のイベントです。

第16回目となる今年は、11月17日(土)と18日(日)を中心に、約640施設が無料デーを設けます。その中でも、親子におすすめのスポットを厳選して紹介! 人気鉄道博物館や水族館、動物園など盛りだくさんなので、ぜひおでかけしてみてください。

「関西文化の日」って何? 由来も紹介

京都鉄道博物館(京都府)

京都市にある「京都鉄道博物館」は、鉄道の歴史を通して日本の近代化の歩みが体感できる博物館。実物車両が多数展示されているほか、運転シミュレーターもあり、充実しています。

11月17日(土)と18日(日)は、夜間特別営業を実施。17:30〜20:00に限り、無料で入館できます(最終入館は19:30まで)。無料となる展示内容は常設展です。

京都市青少年科学センター(京都府)

「京都市青少年科学センター」は、「しゃべるティラノサウルス」「人間万華鏡」などの体験型展示を通し、楽しみながら理科や科学について学べる施設。解説付きでオリジナル番組を放映するプラネタリウムも人気です。

11月10日(土)と11日(日)は、「関西文化の日」として通常一般510円、中・高校生200円、小学生100円の科学センター入場料が無料になります。同額のプラネタリウム観覧料は別途必要です。

大阪市立自然史博物館(大阪府)

「大阪市立自然史博物館」は、「自然のしくみ」「自然の歴史」「人と自然の関わり」についての展示が豊富な博物館。玄関ポーチのナガスクジラの骨格標本や、エントランスホールのナウマンゾウ実物大レプリカ、第2展示室の恐竜など、見どころ満載です。

11月17日(土)と18日(日)は、通常大人300円、高・大学生200円の入場料が無料になります。両日とも「大阪自然史フェスティバル2018」が開催され、100以上のブースで自然の楽しさを体感することもできます。


万博記念公園(大阪府)

大阪府吹田市にある「万博記念公園」は、1970年に開催された「日本万国博覧会」の成功を記念し、その跡地に整備された公園。シンボルの「太陽の塔」や、日本庭園・自然文化園、博覧会の記念館「EXPO'70パビリオン」など、遊べて学べるスポットが数多くあります。

11月17日(土)と18日(日)は、通常大人250円、小・中学生70円の日本庭園・自然文化園の共通入園料が無料になります。「EXPO'70パビリオン」「大阪日本民芸館」「国立民族学博物館」(特別展を除く)も無料で入館できますよ

自転車博物館サイクルセンター(大阪府)

大阪府堺市にある「自転車博物館サイクルセンター」は、約300台の実物展示や体験展示が楽しめる日本で唯一の自転車博物館。隣接する「大仙公園」の自転車ひろばを利用し、クラシック自動車のレプリカ体験試乗会や自転車乗り方教室といったイベントも随時行っています。

11月17日(土)と18日(日)は、通常一般200円、中・高・大学生100円、小学生50円の料金が無料になり、すべての展示が楽しめます

兵庫県立考古博物館(兵庫県)

兵庫県加古郡にある「兵庫県立考古博物館」は、県内の遺跡および考古資料の調査研究を行い、その成果を活用する参加体験型・ネットワーク型の博物館。テーマ展示室や体験展示室「発掘ひろば」、展望台からの景色も楽しめます。

11月17日(土)と18日(日)は、通常大人200円、大学生150円の入場料が無料になり、常設展が観覧できます。「ループで組みひも」「古代の火をおこそう」など、毎日できる古代体験メニューもさまざま用意されています。

兵庫県立人と自然の博物館(兵庫県)

兵庫県三田市にある「兵庫県立人と自然の博物館」は、「人と自然の共生」をテーマにした自然史系博物館。同県で発掘された恐竜の化石をはじめ、大阪湾に打ち上げられたナガスクジラの標本など、迫力ある展示がそろいます。

11月17日(土)、18日(日)は、通常大人200円、大学生150円の観覧料が無料になり、すべての展示が楽しめます。恐竜化石のクリーニング作業を行う「ひとはく恐竜ラボ」の見学もできますよ。


国宝姫路城(兵庫県)

兵庫県姫路市にある「国宝姫路城」は、17世紀初頭の日本の城郭建築を代表する史跡建造物として世界遺産に登録されたお城。鮮やかな白い城壁や、5層7階の大天守と3つの小天守が渡櫓(わたりやぐら)で連結された「連立式天守」が特徴です。

11月13日(火)は、「関西文化の日」として通常18歳以上1,000円、小・中・高校生300円の入城料が無料に。南西に位置する約1万坪の日本庭園「姫路城西御屋敷跡庭園 好古園」も無料で楽しめます

姫路市立動物園(兵庫県)

姫路城内の「三の丸広場」に隣接する「姫路市立動物園」は、約100種400点の動物に会える動物園。ゾウやキリンといった大型の動物が見られるのはもちろん、ヒツジやモルモットなどと遊べる「ふれあい広場」もあり、家族連れに人気です。

11月13日(火)は、「関西文化の日」として通常大人200円、5歳〜中学3年生30円の入園料が無料になります。のりもの券の利用で観覧車やモノレールなどに乗れるミニ遊園地も併設されています。

姫路市立水族館(兵庫県)

兵庫県にある「姫路市立水族館」は、「手柄山中央公園」の東山腹に位置する水族館。播磨地方の里地・里海で見られる身近な生き物のほか、ペンギンやカメにも会うことができます。飼育員の解説が聞ける「お魚ガイド」などのイベントも時間限定で実施しています。

11月23日(金・祝)は、「関西文化の日」として通常大人510円、小・中学生200円の入館料が無料になります。ヒトデにふれられるタッチプールや、かぶりものなどが楽しめるキッズコーナーでも遊べますよ。

バンドー神戸青少年科学館(兵庫県)

兵庫県神戸市にある「バンドー神戸青少年科学館」は、「宇宙と地球」「生命の科学」といった6つの展示室に浮遊体験型アトラクションなど約400点の展示があり、楽しみながら学べる科学館。約2万5000個の星が投影できるプラネタリウムも併設されています。

11月10日(土)と11日(日)は、「関西文化の日」として展示室の入館が無料になります(プラネタリウムは有料)。すべり台やシーソーなど多くの遊具がそろう広場もあり、幼児もたっぷり遊べるスポットです。


橿原市立こども科学館(奈良県)

奈良県にある「橿原市立こども科学館」は、体を使って遊びながら科学の基礎が学べる「見て、聞いて、触って遊ぶ科学館」。ペットボトルで作ったロケットを空気の力で飛ばせるエリアや、関西圏で最大級の「フーコの振り子」など、見どころがたくさんあります。

11月17日(土)と18日(日)は、通常大人410円、学生300円、4歳〜中学生100円の観覧料が無料になり、すべての展示が楽しめます。17日(土)は中学生以下対象の『特別工作教室「キラキラ アクア万華鏡」をつくろう!』(材料費100円/各回25人)、18日(日)は「橋本昌也 マジック・ショー」(無料/各回120人)など、特別イベントもあるので要チェックです。

和歌山県立自然博物館(和歌山県)

和歌山県海南市にある「和歌山県立自然博物館」は、豊かで美しい和歌山県の自然について紹介する施設。1枚ガラスの大水槽がある水族館ゾーンをはじめ、那智原始林のジオラマ、肉食恐竜の歯など、見逃せない展示が並びます。

11月17日(土)と18日(日)は、通常大人470円の入館料が無料になり、すべての展示が楽しめます。11月末まではキツネ関連、12月28日(金)までは1600万年前の大型ヒゲクジラ類の化石も展示されています。

福井県立恐竜博物館(福井県)

福井県勝山市にある「福井県立恐竜博物館」は、恐竜を中心とする地質・古生物学博物館。竜盤目・鳥盤目あわせて44体もの恐竜全身骨格が見られるほか、恐竜時代を再現した巨大ジオラマ、CGシアターもあり、大人も子どもも夢中で楽しめます。

11月17日(土)は、通常一般720円、高・大学生410円、小・中学生260円の常設展観覧料が無料になります。発掘された化石を石から取り出す作業を行う「化石クリーニング室」の見学もできるおすすめスポットです。

お得におでかけできる「関西文化の日」。施設によって実施日が異なるほか、常設展以外の観覧やイベント参加については有料などさまざまなので、公式サイトをチェックしてから足を運んでくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!