「イルカの飼育員」体験プログラム “わくワーク”スタート

イルカの飼育員になりたい!という夢を持つ子どもにピッタリの職業体験プログラム、こども飼育員「わくワーク」が下田海中水族館(静岡県)でスタートしました!遊ぶことが目的の「イルカとのふれあい」とは一線を画く、職業としてイルカに接する「職業体験」プログラムを紹介します。

調餌、給餌、トレーニングなど飼育員の仕事内容やイルカのことを学べる体験

水族館の飼育員が実際にどのような仕事をしているのか、間近で観察、そして実際に体験することで「飼育係りの仕事」を考える機会を創出。飼育員と同じユニフォームに着替えたら、飼育員の1日の仕事を本物のイルカと道具を使用しながら指導を受けます。海の生き物が大好きな子どもにおススメのプログラムです!

イルカトレーナーってこんなお仕事

来園者にイルカの運動能力を知ってもらうために、展示方法としてのプログラムを考えたり、イルカと人間との信頼関係を構築しながら、一緒にショーを作っていくお仕事。

ショーだけが仕事ではなく、毎日のエサ作りや清掃、水質管理も重要。また、健康管理と、イルカの小さな変化を見逃さないなど「観察」にも気を配らなければいけません。イルカとの信頼関係は、1日で築かれるものではなく、時間をかけてお互いを理解しあう必要があります。

「イルカの飼育員」体験プログラムの内容をご紹介

【講義】飼育員の仕事を知ろう!

飼育員になるためにはどうすればいい?飼育員のお仕事、イルカについて、餌について等の座学タイム。

【体験】調餌(ちょうじ)、給餌(きゅうじ)

実際の仕事と同じように包丁で魚を切って餌を調理したり、餌の計測・準備、給餌などを体験します。

【体験】トレーニング

イルカショーの演技指導をしている様子の見学・実践、サインのしくみ、サインのコツと練習などを体験します。

【体験プログラム概要】

■実施期間
2016年3月19日から土日祝日、GW、夏休み
■対象
小学生
■定員

1日2回(1回6名)計12名(但し土曜日は午後1回のみ)
■時間
1回目/9:30〜12:30
2回目/13:00〜16:00
■体験料金
1名様10,000円(付添い者は、お一人様大人2,000円)
■申し込み方法
下田海中水族館公式ホームページより

「下田海中水族館」のスポット情報
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

こちらもチェック!(関連記事)