浅草寺に斬新な縁起物 「開運!巨大かがみもち」が出現!

2015年12月30日から2016年1月7日までの初詣期間中、JAグループが東京・浅草にある浅草寺の境内に「開運!巨大かがみもち」を設置します!

横幅3m、地上4mの巨大鏡餅オブジェ

鏡餅といえばお正月。鏡餅は日本人にとって身近な縁起物のひとつですが、横幅3mの巨大な台座に載せられたこの鏡餅オブジェは、地上4mと見上げるような高さ。2段の餅と頂点に置かれた橙(だいだい)部分は樹脂製で、内部に照明装置を備えており、夜にはやわらかな透過光で美しくライトアップします。

台座の側面には、JAグループの新たなキャッチフレーズ「耕そう、大地と地域のみらい。」の文字が掲げられ、新しい年にあたって“創造的自己改革”に取り組むJAグループの決意を表示。台座に設置されたQRコードを読み取ると、お正月料理に使う国産農産物(13種類)をモチーフにした「新春 おせちくじ」をお楽しむこともできます。

大晦日から元旦にかけて、初の仮設大型ビジョンを設置!

2015年大晦日から2016年元旦の初詣時期に、国内でも随一の賑わいを見せる浅草寺内において、初めて特設の“仮設大型ビジョン”が設置。この新設される大型ビジョンでJAグループのブランドCM(30秒)が放映され、誰にとっても身近な「食」を支えるJAグループの強いメッセージをが届けられます。(放映期間:12/31〜1/5、放映回数:132回)

開運!巨大かがみもちの設置場所はココ!

巨大かがみ餅は、浅草寺 境内 本堂横、浅草神社側(東京都台東区浅草2-3-1)に設置予定。初詣時期は雷門から本殿へ向かう参道が規制され、一方通行となるの注意しておでかけください。

■期間
2015年12月30日(水) 午前〜2016年1月7日(木) 17時

JAグループ新キャッチフレーズ「耕そう、大地と地域のみらい。」

このキャッチフレーズは、全国から公募した3,026件の応募作品から選ばれたもの。2015年10月15日に発表されたこの新しいフレーズ「耕そう、大地と地域のみらい。」には、創造的自己改革に取り組むJAグループの想いが込められています。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

こちらもチェック!(関連記事)

気になるキーワードをチェック!