アスレチックやジップラインも! 体験型アニメパークの中身紹介

兵庫県立淡路島公園内に、2017年7月15日(土)にオープンする漫画やアニメを題材にした体験型エンターテインメントアニメパーク「ニジゲンノモリ」のチケット販売が6月15日(木)よりスタートしました。今回は、オープンが待ち遠しい同施設の中を少しだけ紹介します。

「ニジゲンノモリ」とは?

「ニジゲンノモリ」は、兵庫県立淡路島公園の「森のゾーン」や「交流ゾーン」を活用して開設されます。豊かな自然と、マンガやアニメーション・ゲームなど2次元のコンテンツを最新テクノロジーによって融合させた新感覚アトラクションを楽しめるテーマパークです

「ニジゲンノモリ」がオープンする兵庫県立淡路島公園は、東京ドーム約28個分の敷地面積を誇る巨大な公園です。公園の入り口は年間170万人が来場している「ハイウェイオアシス」と直結していて、アクセスの良さも魅力。2017年秋には、宿泊施設の建設も予定されており多くの観光客が期待されています。


人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の世界が楽しめる!

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」を題材に作られた「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」では、主に2つの体験アトラクションを楽しめます。

「チャレンジ!アクション仮面飛行隊!」

クレヨンしんちゃんの人気キャラクター「アクション仮面」をモチーフにした水上ジップライン。水柱や巨大水鉄砲をくぐり抜けながら楽しむコースは、210mと130mの2種類が用意されています

「アッパレ!戦国大冒険!」

映画クレヨンしんちゃんシリーズの中でも名作として名高い「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」をモチーフにした本格的なアスレチック。各所にクレヨンしんちゃんのキャラクターや仕掛けが施されています。

ほかにも「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」には、施設内に点在するキャラクターをスマートフォンで撮影すると会話しながら遊べる「オラと遊ぼう!ニンゲンノモリ!」や、しんちゃんの愛する「カンタム・ロボ」のエアドーム内で遊べる施設など無料で遊べるアトラクションもあります


夜限定のアトラクションも!

「ナイトウォーク火の鳥」は、手塚治虫の名作マンガ「火の鳥」を題材としたストーリーに沿って、全長約1.2kmの暗い森の中の道を歩いて体験するアトラクション。プロジェクションマッピングなどの最新技術による光と音の演出で、幻想的な世界を体験できます。最後に待ち受けている圧巻のエンディングは必見!

さらに、今後「ニジゲンノモリ」利用者が宿泊できる「グランピング施設」も開設される予定です。園内の豊かな自然を感じながら、淡路島の食材を使った食事を楽しむのもいいですね。

7月15日(土)にオープンする「ニジゲンノモリ」各アトラクションのチケットは公式サイトで販売中。現地で購入できる当日券もありますが、時間帯によって体験できる人数が限られるアトラクションもあるので事前にチェックして、ぜひ夏休みに家族でおでかけしてみましょう。

淡路アニメパーク「ニジゲンノモリ」

開設日:2017年7月15日(土)
場所:兵庫県立淡路島公園内
料金:入場無料
※各アトラクションの利用は有料

施設情報