(C) Michael Malyszko
112

都内で「ピクサー展」アジア初開催 トイ・ストーリーらが大集結

アジア初上陸の人気イベント「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が、2019年4月13日(土)〜9月16日(月・祝)の期間に、東京都港区の「六本木ヒルズ展望台」で開催されます。体験型展示を楽しみながら、人気アニメーションがどのように作られたのかも学べる展覧会です。

5月3日(金・祝)〜5月6日(月・休)の4日間は、同展が開催されている六本木ヒルズ展望台で、GW特別企画「お子様無料4DAYS」を開催! 中学生以下の子供が入場無料になります。

世界中で150万人を動員した人気展!

「PIXARのひみつ展」は、ピクサー・アニメーション・スタジオの作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会。2015年にアメリカの「ボストンサイエンスミュージアム」で初開催されて以来、これまで8カ所で合計150万人以上を動員しています。世界でも話題の人気展がアジアで初開催されます!

「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」、「ファインディング・ニモ」、「カーズ」、「Mr.インクレディブル」などのキャラクターがどう生みだされ、作品がどう作られているかについて、実際にアニメーション作りを体験しながら進んでいきます!

アニメ制作を体験できる展示がいっぱい!

会場では、普段見ることができないピクサー・アニメーション制作の裏側をカギとなる8つの工程を体験しながら巡っていきます。制作工程の各エリアについて簡単に紹介します。

まずは、アーティストが描いたスケッチをもとに、バーチャル3Dモデルを使ってキャラクターの形を作る「Modeling/モデリング」に始まり、モデルに仮想の骨や関節、筋肉を作って動きを設計する「Rigging/リギング」、髪型や服装などの外見を決める「Surfaces/サーフェイス」に進みます。

続いて、バーチャルの世界を構築して撮影する「Sets&Cameras/セット&カメラ」、アニメーターがキャラクターに演技をつける「Animation/アニメーション」、髪や衣服を本物のように動かす「Simulation/シミュレーション」と進みます。

そして、照明効果で情感あふれるシーンを作る「Lighting/ライティング」を行い、最終的なアニメーションに仕上げる「Rendering/レンダリング」を終えて、映画館で上映される作品が完成します。

各エリアでは、バーチャルカメラで3Dの世界を覗いてみたり、ボタンを押して照明の色を変えてみたり、アニメーション制作を体験しながら学べる仕掛けが満載! また、各エリアでキャラクターと写真撮影もできるので、お気に入りキャラクターとの記念撮影も楽しめますよ!


大阪、新潟でも順次開催予定!

現在、人気キャラクターが勢ぞろいした「オリジナルフレークシール」付きのプレミアム前売券をはじめ、いつでも使えるお得な前売券が発売中です。プレミアム前売券はなくなり次第終了なので、お見逃しなく! 

また、5月3日(金・祝)〜5月6日(月・休)の4日間は、同展が開催されている六本木ヒルズ展望台で、GW特別企画「お子様無料4DAYS」を開催! 中学生以下の子供が、52階の屋内展望台、屋上スカイデッキ、森美術館に無料で入場できます。期間中は、同展への入場も無料になります

また、今後同展は新潟会場と大阪会場でも順次開催予定です。親子で学べる体験型展示が盛りだくさんの同展で、たくさんの人気キャラクターたちの「ひみつ」に触れてみてください!

■PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス
開催期間:
2019年4月13日(土)〜9月16日(月・祝)
※会期中無休
時間:10:00〜22:00(最終入館は21:30)
場所:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
料金:【前売券】一般1,500円、オリジナルグッズ付プレミアム前売券1,800円/【当日券】一般1,800円、大学生・高校生1,200円、4歳〜中学生600円、65歳以上1,500円
※前売券は一般価格のみ販売
※障がい者手帳所有者と介助者1人は当日料金の半額(要提示)

この記事をクリップする
112
カズくん
お気に入りの記事や、あとで読みたい記事を保存できるよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!