期間限定!新宿の巨大ゴジラがイソジン(R)でうがい?

親子で出かけよう!春の写真スポット登場。あの新宿東宝ビルのゴジラがイソジン(R)で「うがい」を行うイベントが2016年4月4日(月)〜10日(日)の期間限定で行われます。

イソジン30トンを持って登場!

イソジン(R)でうがいするゴジラは、これまで無かった左手が出現し、その手には、高さは4.5m、直径4.1mとゴジラサイズの巨大コップを持っています。そして、コップの中の「イソジン(R)うがい薬」の量は、約30トン*1、人間のうがい50万回分*2という設定です。

*1: 高さ 4.5m、直径 4.1m、液体の高さ 3.2m から算出した容積。
*2: *1 で算出した容積から、イソジン®うがい薬の 1 回の使用量である 60ml を割って算出。

大都会の真ん中でゴジラが風邪をひかないように

この春にイソジン®ブランドはリニューアル!そのリニューアルを記念して 「うがいのイソジン®から総合感染対策のイソジン®へ」 と、改めてうがい習慣の大切さを喚起することが目的です。「新宿の中心で、ゴジラが風邪を引いたら大変なことが起きそう。」という思いから実施されています。

新宿ゴジラって何?

新宿のゴジラ(正式名称「ゴジラヘッド」)は、2015年4月に新宿コマ劇場の跡地に登場した新商業施設「新宿東宝ビル」の8階テラスに新宿歌舞伎町の新シンボルとして登場しました。1954年公開の「ゴジラ」の身長と同じ50mの高さで、重さは約80トン、デザインは1992年公開の『ゴジラVSモスラ』のゴジラがモデルとなっています。

「イソジン®でうがいをするゴジラ」の詳細を見る
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

気になるキーワードをチェック!