『ハローキティ』モデルも!二子玉川に30匹の『ショーン』出現

2016年9月15日(木)まで、二子玉川エリア(東京都世田谷区・東急電鉄「二子玉川駅」)で「Shaun IN JAPAN」が開催中。映画監督・プロデューサーの庵野秀明さんとデザイナーの山下いくとさん、ハローキティ デザイナーの山口裕子さんといった豪華アーティストたちとコラボした「ひつじのショーン」が30匹展示されています。

世界で一匹だけの「ショーン」が大集合!

これは、イギリスの名作クレイ・アニメーション「ひつじのショーン」を、さまざまな有名アーティストがデザインしたもの。個性豊かな30匹の「ショーン」が大型オブジェ(高さ約130cm、全長約140cm)として二子玉川エリアを彩ります。

子どものためのチャリティーに貢献する「ショーン」

この企画はアート&チャリティプロジェクトとして渋谷からスタート。今回、二子玉川で展示されるショーン30匹は、引き続き日本各地でお披露目され、2016年冬にチャリティーオークションにかけられます。その収益の一部が、日本の子どもたちのために活用されます(寄付先:日本赤十字社医療センター、社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会)。

『エヴァンゲリオンモデル』や『シュガシュガルーンモデル』『サンダーバード ARE GO』など、人気コンテンツをモチーフにしたショーンもいるので、大人から子どもまで楽しめるはず。ぜひ、彼らに会いに行ってみてください。

(C) & TM Aardman Animations Ltd. 2016
(C) Shaun IN JAPAN PROJECT

展示期間:2016年9月1日(木)〜9月15日(木)
展示場所:二子玉川ライズエリア内商業施設・広場、玉川高島屋S・C、二子玉川商店街
※イベントの詳細は公式サイトでご確認ください。

公式サイト「Shaun IN JAPAN」

関連キーワード